多くの学科教習は試験対策ではない

教科書のマーカーを信じてはいけない

学科教習を受けている際に、このような説明を受けたことはないでしょうか?

「ここは大事な部分なので線を引きますよ。」

さぞかしこの線を引いた箇所からテストに出るような印象を抱いてしまいますが、この際ハッキリ言います!ほとんどの場合出ません!笑

実は「大事な」という意味をなぜだか「テストに出る」と勝手に解釈してしまう人がけっこう多いのです。

これは指導員の伝えたい内容と教習生の求める需要が噛み合っていないが為に起こる現象と言えます。

指導員が伝えたい内容は第一に範囲です。一方で多くの教習生が知りたい内容は試験に出る場所です。

さすがに教科書すべてを丸暗記という訳にはいきませんから、ある程度予測範囲を絞って起きたいと言う気持ちは重々分かります。

しかし指導員が伝えたいことは運転に必要な知識全般であり、試験に出る範囲だけを伝えている訳ではないことを理解しましょう。

マーカーの落とし穴は「その部分に集中して勉強してしまう」ことです。言い方を変えればマーカーを引いた部分にヤマをはってしまう現象ですね。

これだと本当に試験で出題される内容まで勉強が及ばず、思った以上に成果が見られないことも多々あります。

教科書は辞書代わりに

試験対策は問題集をやった方が明らかに効率的です。むしろこれ以上の効率の良い勉強法はないと思っています。

そもそも問題集は何のためにあるのでしょうか?

勉強をするためですよね。教科書はどうでしょう?

これも勉強をするためですが、どちらかというと知識を広げるためであり、教科書を勉強しようとするならマーカーラインだけでは足りません。

むしろマーカーライン以外も勉強するなら、そのマーカー自体があまり意味を持ちません。(ただ教科書に色づけしただけになってしまいますからね。)

一方問題集の場合は見た目の通りテスト問題です。つまり問題集を完璧にこなせる人は、試験も完璧にこなせることを意味します。

しかも進学や就職時に行う勉強と比べるとはるかに勉強量は少ないですし、内容もカテゴリが同じ(国語とか数学とか分かれていない)なので頭に入れやすいと思います。

それでは問題集があれば教科書はいらないのでしょうか?

いいえ、なんだかんだで必要です\(^o^)/

間違えた問題を見直す際に絶大な威力を発揮するもの……それが教科書です!ここで教科書の真価が発揮されます。

教科書で調べれば、自分がなぜ答えを間違えてしまったのかをよく理解できるはずです。

普段は絶望的につまらない教科書も、参考書として利用すればかなり有能な情報収集ツールへと姿を変えます。

つまり物事は考えようですね(´・ω・`)笑

おそらく学科教習で聞いている時よりも内容を理解しやすいと思いますよ。何せ自主的にピンポイントで調べるわけですからね。

このプロセスを踏んでいけば免許センターでの本試験も一発で受かること間違いなし!最後まで頑張りましょう!

コメント