コロナウイルスに関する情報

第一段階でまっすぐ走るコツ

下を見ている限りまっすぐ走れない

その理由はシンプルです。下を向いて走ると言うことは数メートル先の景色が見えていない状態であることを意味します。これはボーリングを例にすると分かりやすいでしょう。ボーリングでストライクを狙う時はまっすぐ立っているピンをめがけて転がしますよね。床を見ながら転がす人はいないと思います。

ようするにボーリングでストライクを狙う時は転がしたい目標物を見ながら転がしているわけであり、ガーターを見ながら転がしたら高確率でガーターになってしまいますよ。人間は目が向いている方向に体を動かす性質がありますから、見ていない方向に進むなんてファンタジーの世界でない限り不可能なんですよ。

とにかく前を向くだけで運転は上手くなります

えっ!?そんな単純なことで運転が上手くなれるの!?

と思われるかもしれませんが、この単純なことが最初のうちはなかなかできません。縁石に乗り上げるのが怖くてついつい下を見てしまうんです。逆に下を見ながら運転していて上手く走れていますか?走れていないのならそもそも下を見る行為自体が無駄であることに気がつくべきです。

指導員も「なるべく遠くを見て下さい」とアドバイスをしてくると思いますが、この場合の「遠く」とはおおむね20メートル以上先の景色です。ここで誤解しないで頂きたいのは「遠くだけを見て」と言っているわけではなく「目線を先に向けて視野を広げて」という意味で言っていることです。

たまに「目線を遠くにすると近くが見えなくて怖いです」と言った意見がでたりしますが、それは眼球の下半分を黒く塗り潰さない限りあり得ない現象です。おそらく解釈の違いで遠くだけを見ることに専念しているのかもしれませんね。本来の意味は「視野を広げる」です。

ハンドルをまっすぐにするだけでは意味がない

初心者あるあるなのですが、ハンドルをまっすぐに固定すればまっすぐ走るものだと勘違いしている人が散見されます。これは大きな勘違い!確かに車の構造を考えれば理屈的には合っているのですが、そもそも一般公道において完全に水平を保っている道路はほとんどありません。

つまり道路が傾いている以上はハンドルをまっすぐにしていても傾いてしまうのは必然であり、小さな小石ひとつ踏んだだけでも走行進路はずれてしまいます。とりわけ日本の道路は排水の都合上左に傾いていますから、ふつうにハンドルをまっすぐに固定しただけでは徐々に傾いてしまうんですよ。

おまけに下を向いていますから車の進行進路を把握できず、左に寄ったら回避運動のために右へ、右に寄ったら回避運動のために左へ…と言った具合に蛇行運転の繰り返し(この場合は高確率で目前の縁石を回避しようとしている)になってしまいます。

ここでもう一度思い出してほしいのがボーリングです。ボーリングで球を転がす時と同様に、目の前に延びている左側の白線を眺めて下さい。できるだけ遠くをです。そして視線を白線ではなく前に向けます。この状態でも左側の白線は何となく視界に入っているはずです。

この状態を保ったまま左側の白線と平行して走るようにハンドルを調整して下さい。これで左に寄ってしまうようなら間違いなく視線が近くの白線に向いています。もしくは前を向くことに集中しすぎてハンドルをめちゃくちゃ強い力で固定している可能性も考えられます。

コメント