「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

クラッチのコツ

技能教習(第一段階)

苦手な人も多い発進のコツ

MT免許を初めて取得する方なら誰もが予想外の展開に驚くはずです。「なんだこれ!?思ったより難しいぞ。」って……(笑)

家族や友人でMT免許を持っている人が身近にいると「自分も(簡単に)取れるのでは?」と錯覚してしまいます。いや……そう思いたいだけかも。

ここでかなりの確率で都合よく簡単にと解釈してしまう人が多いですね。それに周りの人は「MTなんか簡単だよ!」と自分が経験した苦労を隠す傾向があるので尚更です。

教習所にまだ通っていない人にとってのMTのイメージは「ギアチェンジ」だと思いますが、通ったあとのイメージは間違いなく「クラッチ」に変換されるでしょう。とにかくクラッチが上手くならない限りは不安が消えないのがMTです。

ここではMTの要素の大部分を占めるクラッチの上達方法について記載します。

まずは半クラッチを理解しましょう

クラッチペダルを徐々に上げていき、車がソロソロと動き始めたあたりが半クラッチの状態です。

このとき一気にクラッチを上げてしまうとエンジンがその負荷に耐えられなくなり、いわゆるエンストを発生させてしまうのです。

芝猫
芝猫

なんでMTはエンストするのかニャ?

トルクコンバータがないからですよ。

逆にゆっくり上げすぎてしまうと発進までに時間がかかります。クラッチを徐々に上げていき、車が動き出した高さを感覚として覚えておくと良いでしょう。

それでは実践です

ギアをローに入れて、クラッチをゆっくり上げてみましょう。「こんなゆっくりで道路を走れるのか?」と思うかもしれませんが、それは慣れてからでけっこうです。

クラッチを半分くらい上げたあたりで車が少し動きだす(時速1キロ以下くらい)現象が確認できるはずです。

動きが確認できたらクラッチを上げる速度を極端に落としてください。ここからギアとエンジンの馴染ませタイム(半クラッチ)になります。

コツはとにかく動き出した瞬間にクラッチを止めるイメージです。それでも車は半クラッチの状態で微速を保っていますから、このまま3秒ほど経過してから徐々にクラッチを上げると綺麗に繋がります。

よく指導員が隣で「音で判断してください。」とか「前を見て運転してください。」と言っていませんか?

それは前を見ないと車の微妙な動き出しが分からないからです。メーターがあるじゃんと思うかもしれませんが、メーターが正確に作動するのは10キロくらいになってからです。時速1キロをアナログメーターで検知することは出来ません。

初回の人はアクセルの加減に一苦労ですので、目線がメーターに行ってしまいがちですが、メーターを見たところで簡単にアクセル回転数を保てるわけではありません。

アクセルを利用した発進

ここから本来の発進方法に内容がシフトします。MT車の場合はクラッチだけで発進するわけではなく、同時にアクセルの補助が必要です。

クラッチだけで発進しようとすると間違いなく指導員に注意されるので気を付けましょう。クラッチ自体にも大きな負荷がかかります。

発進の際のアクセルはあくまで「補助」であり、強力な加速を求めるために行う行為ではありません。アクセルを「怖い」と感じている人がいるなら、おそらくこの「加速」をイメージいるのかと思います。

発進の際はアクセルを軽く踏み続けた状態で先程のクラッチ操作を行います。アクセルを踏み続けることでエンジン負荷を緩和させることが目的です。

スポーツ界で言うなら走り高跳びの助走の部分です。助走は無いよりあったほうが力強くジャンプできますよね。車の場合もエンスト防止のために助走をしなければなりません。これがアクセルを踏み続けるという行為に該当します。

あくまで軽く踏み続けるのであり、踏みこむわけではありません。踏みこんだらさすがに暴走します。逆にクラッチを上げる瞬間にアクセルを緩めてもいけません。走り高跳びで飛ぶ瞬間に一度立ち止まるようなイメージです。

発進が苦手な人はアクセルを低回転で維持することに慣れていないため、スムーズな発進がなかなか出来ずにいるのだと思いますが、ここは何度も練習して感覚を掴むしかありません。

アクセルを保ちクラッチをゆっくり上げる。言葉にするとシンプルですが、実際にやってみると大変ですよね。

しかしこれに慣れてくると発進に対する不安がいくらか緩和されますから、頑張って習得してもらえたらいいなと思います。

コメント