エンジンオイルの点検

オイルはヒトで言う血液

自動車にとってエンジンオイルはなくてはならない重要な存在です。ヒトの血液も同様に、抜けてしまえば死に至りますし、腎臓によって常に濾過されなければ同じく死に至ります。

自動車の場合もオイルがなくなってしまえばエンジンも壊れてしまいますし、使っていくうちに劣化していくのも血液と同じです。ただ健康なヒトとは異なり、自動車の場合はろ過機能をもつ腎臓がありませんので、オイルは汚れていく一方です。

一応フィルターはあるのですが、これも無限に使える腎臓と異なり一定期間で交換が必要となります。

新品のエンジンオイルは無色透明の色(サラダ油のような色)をしていますが、使っていくうちに茶色、ひどくなると鉛筆の芯みたく黒く変色します。

黒くなってしまったオイルは様々な鉱物系の汚れが蓄積しているため、ドロドロと粘着性のある液体へと変容します。これが詰まるとヒトで言う動脈硬化が発生し、最悪の場合エンジンが壊れてしまいます。

それでは具体的に見てみましょう

いかがでしょうか?

エンジンオイルの量はインジケーターによって確認ができます。この写真の場合は満タンに対して7割方と言ったところでしょうか。教習所のようにエンジンオイルが身近に補充できる環境であれば補充を行いたいものです。

補充していてもすぐに量が減るようであれば、どこかでオイルが漏れている可能性があります。ヒトで言うなら血が垂れている状態で走るようなものなので、早急に原因の把握及び対策を施した方が良いでしょう。

しかし一般的な家庭であれば、エンジンオイルが常に常備されているわけではないでしょうから、少し様子を見て、残量が半分くらいになったらカー用品店などで補充を行いましょう。

色は少し茶色くなっていますね。そろそろ交換を考えた方が良いでしょう。一度劣化したオイルの劣化スピードは異様に早いです。ここで「平気かな。」と思う人はこのあと黒くなっても「まぁ何とかなるかな。」と考える可能性があるので、気が付いたときには交換した方が良さそうです。

エンジンオイルは使わなくても劣化する

オイルは消耗品です。使っていなくても必ず劣化します。オイルは通常オイル缶(ペール缶)と呼ばれる金属で保管されていますが、一度開封した瞬間から劣化がスタートします。(開封しなくても缶詰めと同様に消費期限があります。)

牛乳パックを開けて1年間放置したら飲まなくても中身は腐っています。それと同様です。

たとえ車を使わなくてもエンジンオイルは定期的に交換をした方が良いでしょう。予断ですがガソリンも年月が経つと腐ります。

コメント