「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

合流が苦手です

質問回答

タイミングをはかる技量が必要

合流は他の交通があるなかで、その流れの中にうまく入り込む必要があります。

当然ながら合流に適した速度、タイミングをはかる必要があり、それらを少しでも間違えてしまうと他の交通の妨げになるだけでなく事故につながる恐れもあります。

しかも短期間のあいだに判断しなければ、その瞬間は比較的早く訪れてしまうのです。万が一の際にパニックに陥らないためにも、合流にそなえた心構えが必要です。

最大の決めては速度

合流を行う際にきわめて大切な要素が速度の調節です。なるべく周辺の流れに従った速度まで調節しないと、かえって合流のタイミングを逃してしまいます。

例えば合流先の速度が60キロならその速度に近い速度で、40キロならそれに近い速度でとなります。

やってはいけないのがあまりにも合流が怖すぎて速度を極端に下げてしまうことです。60キロ制限の道路に20キロくらいで進入しようとすると、相手の速度が速すぎてタイミングがつかめません。

イメージとしては観覧車と一緒です。みなさんが観覧車に何気なぁ~く乗りこめるのは、観覧車が人の歩行速度に合わせた時速4キロ程度で回転しているからです。

これが時速70キロでまわっていたのなら、どう考えても速すぎて乗りこめないですよね。同じ速度だからこそタイミングがつかめるのです。

ですので怖いかもしれませんが、加速を伴う合流であれば難易度を下げるためにもしっかりと加速する必要があります。

(合流先で渋滞が発生している可能性もあるので、加速ではなく減速する場面もあります。)

しかし合流車線は無限ではありませんから、速度を上げれば上げるほど合流にかけられる時間が短くなるので注意が必要です。

ミラーはメインではなくあくまで補助

車のミラーには死角が多いので、後方をすべて把握することはできません。特にミラーの場合は真横を見ることができませんので、後ろに誰もいないと思って進路変更をすると横にいた車にぶつかってしまう可能性があります。

自分の目で後方を確認するのであれば必然的に真横も目に入るためにミラーで見えない死角のほとんどをカバーできます。むしろ目でしっかり確認できるのであればミラーは必要ないくらいです。

相手の車の動きと自分の動きを比べながらタイミングを見はかり、迅速に判断、行動できる技量が必要です。

意外と簡単な高速道路の合流

高速道路は100キロという法定速度なので速度が出る分だけ難しく感じますが、実際にはそうではありません。一般道路に比べて車の数が少なく、車間距離も開いているためタイミングを掴みやすいのです。

しかし同じ高速道路でも自動車専用道路(首都高速)の場合はこの限りではありませんので、それなりの慣れと経験が必要となります。

コメント