2019年最新版にアップデート中

つり目のデザインには意味がある

スタイリッシュな印象のつり目型ヘッドライト

現代販売されているほとんどの車はヘッドライトがつり目です。これは昔の車と比較すると簡単に分かると思います。

少し古さを感じる昔のデザイン

スタイリッシュな現在のデザイン

単純にデザイン面で見ればつり目の方がスタイリッシュです。アニメのキャラクターのほとんどがつり目なのはこうした理由からだと思います。逆に可愛さを追及するならタレ目や丸目でいいわけですよね(^o^)たれぱんだがつり目だったら全然可愛くないわけで…。

しかしデザインの世界は奥が深い!実は自動車のヘッドライトは見た目のスタイリッシュさだけを狙ってデザインされているわけではなく、事故を少しでも防ごうと試みる自動車メーカー側の見えない努力も詰めこまれているのです。それではまず車のフロントフェイスに目を向けてみましょう。

トレンドと人間工学の融合

自動車を前から見てもらうと分かるのですが、よく観察するとそれぞれのパーツが人の顔を模していることが分かります。ヘッドライトが目、グリルが鼻、ロアグリル(バンパー部のメッシュのような部分)が口、サイドミラーが耳…なんだか人の顔っぽいですよね(^o^)

これは車に限らず鉄道やロープウェイ等にも同じことが言えます。実はこれにはちゃんとした理由があるんですよ。

ヒトはヒトの顔を見ると安心する

これは生物学的見解に基づくヒトの説明であり、個人の苦手意識や「他の人に会いたくないんご(・ω・)」みたいな性格上のものは除きます。ようするに同種族どおしでの安心感を示しており、ジャングルの中に迷いこんだ際にゴリラではなくヒトを探すのは同種族間の信頼によって成り立つシステムのひとつです。

(ゴリラは助けてくれないけどヒトなら助けてくれるかもしれない……という信頼。)

ヒトは無意識にヒトを意識しますので(心霊写真や火星の人面岩が見える原理と一緒)、それに異変(欠損や病気など)が生じていれば何かしらの防衛本能が働きます。つまり何が言いたいのかと言うと、実は車のヘッドライトって今の技術なら2つある必要がないんです。1つでも十分照らせますからね。

それでもいまだに多くの車が2つのヘッドライトをヒトの目のように配置しているのは、1つ目だと気味が悪くて生理的に受け付けないからです。片方のヘッドライトが消えると人間でいう欠損を意味しますから、早いうちに直したくなるような生理的な作用を利用して設計されています。

ヒトは本能的に怒った顔を発見しやすい

これはみなさんが500万年前に猿だった頃の名残です。

自然界において怒った顔は敵対心を表し、それがもし自分に向けられているのなら補食の対象である可能性が高くなります。こうした危険性をいち早く察知する防衛本能として、我々哺乳類の基本行動の中には怒った顔を発見しやすくするメカニズムが刷り込まれているのです。

自動車におけるつり目のヘッドライトはこうした人間工学的な面も利用されています。かと言ってヒトの防衛本能だけにまかせても良いというわけではありませんし、丸目だから一概に危険というわけでもありません。どんなに優れた安全装備よりも事故を起こさない安全意識の方が数百倍大切です。

コメント