S字とクランクのコツを最新版にアップデートしました(7/6)

応急救護教習で使う人形の裏側

トリビア

模擬人体装置!その名もジャミー君!

これ、正式名称ですよ(笑)なんでジャミー君という名になったのかは分かりませんが模擬人体装置よりも呼びやすいのでまぁ良しとしましょう。

ジャミー君が寝ているところ

普段はこのような姿でしか見ることができませんが、みなさんが応急救護教習を受け終わった後はその真の姿が現れます!まずは表面の顔を取り外していきましょう。顔はジャミー君の中でも触れられる頻度が非常に多い部分ですので教習が終わるごとに外して洗っています。では開けてみましょう。

パカッ!

ぎょっ!?

いやぁ~キモいですね。なんなんでしょう!?…メタルギアシリーズのグレイフォックスを連想させるこのシルエット…。全身が強化外骨格に覆われているあるキャラクターを連想させますね。ちなみに中央の白い穴の部分は口に繋がっており、みなさんが空気を吹き込むと胸部が膨らむ構造になっています。

ジャミー君の胸部

おう!鍛え抜かれた肉体!…とは全く無縁のヘナヘナした体。どこからどう見てもちゃんと栄養を摂っていない人の体です。そりゃ意識をなくして倒れるのもうなづけますよ。てかどうせ作るならもっと体格を盛っても良かったのにね(;´д`)あえて不健康なディテールを再現しなくても良かった気が…。

お腹をパカッ!

内部はこうなっています。上の白い袋は人口の肺、下のノズルは吹きこんだ息を逃がすための装置です。意外とジャミー君の中身ってスッカスカなんですよね^_^;

何かと曰く付きなジャミー君の都市伝説

完全にタイトルとは関係のない余談ですが、一部の教習所で「ジャミー君が動いた」「誰もいないはずなのに叫び声が聞こえる」など、数々の伝説を残しています。魂は人形に宿るとはよく言われたものですがジャミー君も例外ではないのでしょうか。まぁ全国の教習所で見られる怪奇現象ではありませんけどね。

コメント