死角と運転

習項目解説

目に見えない部分(死角)における危険性と対策を解説したものです。死角とはいっても駐停車車両による死角や道路の構造上における死角など多岐に及んでいます。車両間における唯一の意思疎通手段(合図)においても触れる部分があります。

内容的には少ない方ですが、運転するに当たり、死角は事故を直接的に引き起こす危険な要素でもありますので、しっかり教習内容を聞いておきましょう。

試験対策ポイント

  • 自動車がつくりだす死角(視覚的死角)
  • 心がつくりだす死角(潜在的死角)
  • 道路交通上の死角
  • 車両間の意思疎通方法

まとめ

自動車が直接的につくりだす死角(駐車車両など)については、特に難しく考えなくても大丈夫です。あくまでもモラルに従って行動できるのであれば問題ありません。どちらかと言うと「こんなところから人が出てこないだろう」と言ったような心の死角の方が危険です。

そもそも探そうとしていませんからその危険性が極めて高いものであることは容易に理解できると思います。道路交通上の死角(交差点など)とは見通しの悪い交差点やカーブの途中あたりが該当します。前まで出ないとよく見えない構造の道とかですね。ここでの対処法は今後も一生生かせるはずです。

車両間の意思疎通手段、いわゆる合図は正しく理解し使用することが求められます。

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5