2019年最新版にアップデート中

技能教習(第一段階)

技能教習(第一段階)

S時とクランクのコツ(最新版)

S字、クランクに共通して必要な要素 S字やクランクをうまく通過できない人にはある共通点が見つかります。その共通点とは縁石を面としてではなく点で見てしまう行為です。ようするに近づいたら先を見て…そしてまた近づいたら先を見て…の繰り返しのこと
技能教習(第一段階)

イメージトレーニングは役に立たない

イメトレで運転が上手くなるわけがない もしかしたら技能教習を行っている際に次のことを言われているかもしれません。 家に帰ったら今日やった内容をイメージして練習しておくといいよ。 ハンドルの回し方くらいならトレイで練習できる
技能教習(第一段階)

適切な走行位置をイラストで解説

道路には真ん中の概念がない 教習所でよくキープレフトという言葉を耳にしませんか?文字通り道路の左側を維持して走るという意味なのですが、これを勘違いして「左側通行=(イコール)キープレフト」と捉えてしまう人が少なくないようです。正しくは左側
スポンサーリンク
技能教習(第一段階)

段差乗り越え教習の意義

段差乗り越えはどこで役に立つ? 技能教習の第一段階(項目21or22)でキックダウン(急加速)や段差乗り越えを行ったと思います…と言うより課題教習なので絶対やります。段差乗り越えはその名の通り、小さな縁石を乗り越える際に利用するテクニック
技能教習(第一段階)

第一段階で覚えておきたい操作手順

技能検定時にも重要な各種手順 教習所に限ったことではありませんが、世の中には「受かる(合格する)」為にやらなくてはならない事柄がたくさんあります。進学や就職活動における面接で何故身だしなみを整えるのか…それは大抵の企業が第一印象においてだ
技能教習(第一段階)

ハンドルを回した数は気にしなくても良い

ハンドルの回した回数を覚えなくてよい理由 以前教習生から「ハンドルの回した数が分からなくて混乱してしまいます…どうしたらいいですか?」という質問がありました。結論から先に言うとハンドルを回した回数については考えなくてもいいです!自転車に乗
技能教習(第一段階)

クラッチ操作を1秒以内で完了させるコツ

MT車の発進は時間をかけてはいけない クラッチ操作に時間をかけて良いのは所内を走る第一段階だけです。一度路上に出てしまえば他の車は教習車だろうと初心者マークがついていようと対等なドライバーとして見てきます。特にMT車においては発進時のクラ
技能教習(第一段階)

第一段階でまっすぐ走る最短の方法

下を見ている限りまっすぐ走れない その理由はシンプルです。下を向いて走ると言うことは数メートル先の景色が見えていない状態であることと同一だからです。 これはボーリングを例にすると分かりやすいでしょう。ボーリングでストライクを狙う時は
技能教習(第一段階)

第一段階上達の秘訣!

上達のメカニズムはハッキリしている センス?運動神経?そんなの運転には大した意味を持ちません。練習を繰り返し行えば誰でも必ず上手くなります! しかし教習を始めてから今すぐに上手くなると言うわけではありません。数時間運転してもなかなか
技能教習(第一段階)

エンジンブレーキとは

エンジンの抵抗力を利用したブレーキです アクセルを離すとエンジンへの燃料噴出がストップし、動力源を失ったエンジンは徐々に出力を低下させていきます。 ギアが低いほど速度の許容範囲も低くなるので、それ以上の速度で走行していた場合は本来の
技能教習(第一段階)

見通しの悪い交差点での対処法

見通しの悪い交差点とは 周囲に壁や建造物などが設置されていることにより、著しく視界が悪くなっている交差点のことです。交差点の直前まで進まない限りはほとんど前方しか見えず、交差する道路からの車や歩行者を発見することが困難を極めます。
技能教習(第一段階)

左折のコツ

左折は想像以上に難しい 教習生の進み具合を見ていると、右折はすんなりできても左折でつまづくパターンが非常に多いです。 教習所によっては追加料金のかからない定額コースを導入しているところもあり、その恩恵にあずかる機会の多い項目ですね。
技能教習(第一段階)

坂道発進の方法

坂道発進はなぜ行うのか 教習所で行う坂道発進 教習所に通っていれば比較的早い段階でこの坂道発進を練習すると思います。(試験合格に必要な必須項目) 内容は読んで字のごとく、坂道で一度停止してから発進するだけなのですが、け
技能教習(第一段階)

模擬運転装置教習では何をするのか

模擬運転装置とは 模擬運転装置 別名「トレーチャー」 道路交通法にて技能教習の初回に行うものと定められているため、誰もが一度は扱うことになります。 シートとハンドルとモニター(その他装置)によって構成されているの
技能教習(第一段階)

ニュートラルとパーキングの違い

ロック機構の有無 ニュートラルギア ロックがかからない。イメージ的にはでかいトミカなので、しっかりとハンドブレーキをかけておかないと坂道で転がります。 パーキングギア ロックがかかる。イメージ的にはでかいトミカの車輪をボ
技能教習(第一段階)

外周周りのコツ

いきなり衝撃!?想像と現実のギャップ 外周周りとは技能教習における基本中の基本、コースをただただグルグルまわることを言います。 「あぁなんだ、コースに沿ってまわるだけか。良かった簡単で…。」と思うのもつかのま、その妄想は一瞬で砕け散
技能教習(第一段階)

駐車場もひとつのクランク

さまざまな所で応用できるクランク 第一段階では所内において「狭路の通行」という項目があります。言い換えればS字とクランクを通行するための技術を磨く教習です。形状はS字が文字通りの「S」、クランクが「L」を繋げたような形状をしているのですが
技能教習(第一段階)

最初の技能教習で行う内容

模擬運転装置は省きます(笑) 本来ならば最初の技能教習で「模擬運転装置」を扱うのですが、正直あれはおもちゃに近いので今回は省きます。 ハンドルは軽いは音はしょぼいは画面は昭和だわで、なんだか古いホテルのゲームセンターにでも置いてある
技能教習(第一段階)

半クラッチとは

半クラッチの概要 ギアが半分だけ繋がっている状態。クラッチを半分だけ上げているように見える(実際には誤差がある)ことから文字通り「半クラッチ」と呼ばれます。 ギア通しが完全には噛み合っていないため動力がほんの僅かしか伝わらず、逆に言
スポンサーリンク