運転上達

運転上達

教習生の7割以上は当てはまる?あおりハンドルの恐怖!(画像あり)

癖になってからでは手遅れです あおりハンドルとは曲がりたい方向とは逆にハンドルを回して(傾けて)、大回りするようなイメージで曲がる行為のことです。 ↓↓↓ あおりハンドルの特徴は本人の自覚がほとんどな ...

運転上達

久しぶりに運転する際に気をつけること

運転は慣れないうちにやめてしまうと復帰に時間がかかる 私が常日頃から教習生に伝えている内容のなかで、「免許を取ってから2カ月間はなるべく運転して下さい」と言うものがあります。なぜならこの2カ月の間に運 ...

運転上達

一時停止の正しい知識

一時停止とは もはや説明不要、かつ色々な意味(取締り的な…)で有名な標識のひとつです。停止線がある場合は停止線で、停止線がない場合は交差点の直前で停止(標識の直前ではありません)しなければなりません。 ...

運転上達

サイドミラー三角定規の法則(画像あり)

サイドミラーに映る範囲はかなり少ない 後方確認で何かと重宝するサイドミラー。その使い勝手の良さからついついミラーに頼りがちになってしまいますよね(^o^)しかしミラーだけに頼って目視を行わないのは御法 ...

運転上達

MT車の発進に最適なエンジン回転数(画像あり)

教習車だと平均2,000回転です これは車の排気量によって様々ですが日本では道路交通法施行規則第24条によって細かな基準が設けられているので全国的に同じ車種が採用されていることが多いです。(定員5人以 ...

運転上達

技能試験対策!受かる運転のコツ

技能検定を合格したい人必見! 免許を取るからには絶対に避けては通れない道が…そう、試験です!出来ることなら早く合格したい!そりゃ~当然ですよね♪「早く免許を取りたい」という人はいても「ずっと教習所にい ...

運転上達

タイヤにワイヤーが見えたら要注意(画像あり)

タイヤのワイヤーとは タイヤの強度や形状を維持するための骨格のようなものです。人間で例えるなら体の部分がタイヤゴム、骨がワイヤーと言ったところでしょうか。通常はゴム内に隠れているので見かけることはない ...

運転上達

万が一の切り返し術(画像あり)

切り返しとは 教習所においては技能教習第一段階項目11番「狭道の通行」にて行う必須内容です。切り返しとは縁石に乗り上げてしまった…あるいは曲がりきれなかった(進行方向に壁や電信柱などの障害物がある)場 ...

運転上達

教習所は不安だらけ?

不安要素の多い教習所生活 これから自動車教習所に通おうとしている人の半数以上が教習所に対して何かしらの不安を抱えていると言う統計データがあります。その不安要素として代表的なものが… [1位]…免許が取 ...

運転上達

道の駅とは(画像あり)

道の駅とは かつて日本各地に点在したドライブインの進化系。ドライブイン自体は絶滅傾向にあるので、現代向けに更なる付加価値を付与して進化したものが道の駅って感じですね。6550万年前に生物が大量絶滅し、 ...

運転上達

靴ひもの危険性(画像あり)

意外と怖い靴紐の存在 運動靴ならほとんどついているであろう靴紐。これが運転中に引っかかてしまうととんでもなく恐ろしい状況に陥ります。例えば足が移動できなくなったりブレーキが踏めなくなったりとかね…足元 ...

運転上達

エンジンルームのメンテナンス(画像あり)

埃の溜まりやすい空間 洗車はするけどエンジンルームは掃除をしない…いや、そもそもボンネットを開けたことがない!そんな方も多くいらっしゃると思います。 何せ日本では手厚くディーラーが検査を行ってくれるの ...

運転上達

運転は楽しみながら練習しよう

心の制御も運転技術 車は人の心理状態が非常に表れやすい乗り物のひとつです。心が不安定な状態になってしまうと、それに比例するかのように運転自体も不安定になってしまいます。 この「心の不安定さ」には大きく ...

運転上達

色で分かるエンジンオイルの劣化具合(画像あり)

エンジンオイルとは 人間でいう血液のことであり、その役割も人間の血液とほぼ同等です。通常は心臓部であるエンジンによって循環をしているのですが、これが劣化してしまうと最悪の場合エンジンが故障します。 こ ...

運転上達

自宅で出来る運転上達テクニック

日常生活で運転の基礎を身に付ける 運転の練習は教習所でしか行えないイメージがありますが、実際はそうでもありません。 日常生活にちょっとした工夫を加えるだけで、運転技術をさらに向上させることが可能になる ...

運転上達

ハンドルが汗でヤバい!手汗抑制術!

手汗のメカニズムを知ろう みなさんも運転をしていて、手から滲み出る手汗に悩まされた経験があるのではないでしょうか。教習中も汗で濡れた手をズボンで拭いている教習生を多く見かけます。 手汗は個人差が大きく ...

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5