技能教習(第二段階)

技能教習(第二段階)

方向変換・縦列駐車

方向変換のコツ 方向変換とは車を枠の中に後退で入れ(①)、元来た道の方向に戻る(②)教習です。枠の中に入れて終了する駐車とは若干意味が異なります。ちなみに教習所で行う方向変換は、難易度の低い下記の向き(運転席から縁石の見える右旋回バック)
技能教習(第二段階)

卒業検定の合否は寄せ方で決まる!

卒業検定で不合格になりやすい最大要素 左折時寄せ不足 歩行者保護不停止 方向変換、縦列駐車 その他いろいろ(゜-゜) 左折時寄せ不足 事実上もっとも難易度が高いと言われている要素がコレ。そもそも路側帯と車道外
技能教習(第二段階)

路上教習!雨の日の利点

マイナス要素だけではない雨の日の運転 「雨」……と聞くと視界が悪くなったり路面が見えづらくなったりでもうウンザリ(゜-゜)(。_。)こうした声が聞こえてきそうですが、確かにそれはごもっともな意見です。雨の日はガラスが水滴で見えづらくなりま
スポンサーリンク
技能教習(第二段階)

第二段階みきわめのコツ

そもそもみきわめとは? 簡単に説明するなら「この人は運転技術的に卒業試験を受けても平気な人かな?」という事をみきわめる為に行う技能教習を指します。あくまで教習であり試験ではありませんが、特性的には試験に極めて近い環境で運転を見られるイメー
技能教習(第二段階)

路側帯と車道外側線

教習卒業時まで使う基本知識 路側帯と車道外側線。どちらも道路上における白線のひとつですが、その役割は両者で大きく異なります。どちらも道路上で停車する際は覚えておかなければならない知識であり、当然間違えた認識をしてしまうと道路交通法違反の対
技能教習(第二段階)

エンジンオイルの点検

オイルはヒトで言う血液 自動車にとってエンジンオイルはなくてはならない存在です。ヒトの血液と同様に抜けてしまえば死に至りますし、腎臓によって常に濾過されなければ同じく死に至ります。自動車の場合もオイルがなくなってしまえばエンジンが壊れてし
技能教習(第二段階)

第二段階技能教習の心得

路上はリアルワールド 修了検定と仮免学科試験に合格すれば晴れて路上ドライバーの仲間入りとなります。期待と不安の路上教習(^o^)しかし路上を走る権利を得たと言うことは、それなりに路上を走る能力がなければリアルな事故に遭遇するリスクが大いに
技能教習(第二段階)

ゲリラ豪雨時の対処

突発的に訪れる災害レベルの雨 ゲリラ豪雨はいつどこで起こるのか分からない異常気象のひとつです(天気予報である程度の予測はできますが)。私も通勤中にかなりの豪雨に見舞われ、気がつけば車が水没寸前にまで差し掛かっていて恐怖を覚えたことがありま
技能教習(第二段階)

高速教習で気を付けるポイント

実は簡単!高速教習♪ 夕暮れ時の高速道路 高速道路って100キロで走るんでしょ?不安だなぁ~(;´д`)これから高速教習に挑むほとんどの人がこのような不安を抱えているのかと思います。中には「高速が楽しみで仕方がない」なんて超
技能教習(第二段階)

駐車の上達方法

車に乗れば必ず必要な駐車措置 車で出かけると必ずと言っていいほど駐車を行います。これをしないと違法駐車になってしまいますからね。 レストランやショッピングモールの駐車場に停める際には、後ろで待っている車のためにもスムーズに入れたいも
技能教習(第二段階)

ハイビームの役割と使い方

ハイビーム、ロービームとは ヘッドライトの向きを表します。ハイビーム(上向き)は100m先を照らすことができ、ロービーム(下向き)は40m先を照らすことが出来ます。イメージは以下の図を参照して下さい。 ヘッドライトの照らす範囲
技能教習(第二段階)

夕方は危険

事故が多発する夕方 教習所の学科教本を確認すると「最も死亡事故が多いのは16時~17時(教本によって誤差があります)です。」と書いてあるのですが、ようするに夕方ってことですね。 これは季節によって変わってくるので、日の落ちが早い冬場
技能教習(第二段階)

駐車車両には合図を出す?出さない?

とにかく厄介な駐車車両 教習中はともかく、卒業検定を受けているときに目の前に駐車車両が表れたりなんかしたら「なんでこのタイミングで!」と絶望に襲われることでしょう(笑) 何せ1台の駐車車両があるだけで 対向車確認
技能教習(第二段階)

縦列駐車は意外と簡単

教習所での縦列駐車は意外と簡単 なぜならポールを見ながら練習するからです。 「ここにポールが来たら止まりますよぉ。」とか「ここでハンドルを回しますよぉ~。」とか……実質目印があるようなものなので記憶さえしてしまえば誰でもすんなり入っ
技能教習(第二段階)

第二段階自主経路とは

自主経路とは 一言でまとめると指導員が道案内をしてくれない技能教習のことです。自分で地図上に経路を書き込み、それを覚えて自力で目的地に到達しなければなりません。 ちなみに数年前の法改正により、卒業検定時に自主経路を行わなくなりました
技能教習(第二段階)

高速教習は不安だらけ?

高速道路の運転は思ったよりも楽 多くの教習生は高速道路を走ることに対して不安を感じています。今までの一般道路では60キロがMAXだったのに、高速道路では100キロ出すことになるわけですから速さ的な意味においても不安が大きいですよね(´・ω
技能教習(第二段階)

急ブレーキとABSの意味

緊急回避に必要となりうる急ブレーキ 正式には急制動と言います。通常のブレーキングとは異なり、飛び出しや緊急回避を伴う際に一気にブレーキを踏み込む動作のことを差します。 当然急ブレーキですから速度が速いほど衝撃力も大きくなり、30キロ
技能教習(第二段階)

路上教習でスムーズな運転をするには

路上運転で最も大切な判断 現在起きている事故のほとんどが人のミスによるヒューマンエラーです。今の車はどれも優等生ですので、機械的な故障や誤作動なんてほとんど起きません。 タイヤ交換を怠ってパンクしたのなら、これも立派なヒューマンミス
技能教習(第二段階)

合流のコツ

出来ればやりたくない合流 大きな危険を伴う合流 日本だけに限らず、世界中の道路において一般的な存在でもある合流……。これを苦手とする人はけっこう多いと思います。 基本的に脇道から幹線道路に接続する際は一部の例外を除いて
スポンサーリンク