「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

①運転者の心得

 ①運転者の心得

芝猫
芝猫

一番最初の教習は何を学ぶの?

運転をする為の心構えが中心です。ようするにマナーですね。

教習項目の簡単な解説

教習所で一番初めに受ける学科です。これから免許を取得する上での心構えや、第一段階~第二段階に及ぶ内容の予習といった役割が強いことが特徴です。

後半で学ぶ内容も含んでいますが、どれも早いうちに覚えておくと試験に役立つ内容ばかりです。

特におさえておきたいポイント

▼ゆずりあいと思いやり

▼チャイルドシートの効果と義務(幼児の意味)

▼強制保険と任意保険

▼ルールの重要性

▼運転に適した服装(靴やヘルメット含む)

▼シートベルトの効果と義務

この項目のまとめ

ここでは試験に対する基礎的な流れを掴むことが大切です。特に「させなければならない(強制)」と「させた方がよい(任意)」の違いを理解しておく必要があります。例えば以下のような問題が出題されたとします。

問「幼児を自動車に乗せるときはチャイルドシートを使用させた方がよい。」

この場合の答えは「誤」になります。この表現だとチャイルドシートを付けることが任意になってしまうため、正解は強制の意味をもつ「させなくてはならない。」が正解です。

このような引っかけ問題に対する心構えを早い段階でつくっておくことが重要でしょう。

保険制度に関しては第二段階で行う学科を含むため、この学科を受けている段階では強制保険と任意保険の区別ができれば十分です。

普通自動車の免許を取りに来た人でも、自動二輪車の問題は頻繁に出てくるので安心しないようにしましょう。