⑨安全の確認と合図

⑨安全の確認と合図、警音器の使用

芝猫
芝猫

右左折進路変更の合図を行う時期が覚えきれない……。

そんなに難しくはないですよ。

実質30mなのか3秒なのかの違いだけですから。

教習項目の簡単な解説

合図を行うタイミングと方法、警音器に関する知識を学びます。もし技能教習で合図の時期が不明確であった場合は、この項目に答えがあるのでよく読んでおいてください。

厳密には学科教習項目⑥の「交差点などの通行、踏切」との併用した学習が効果的です。

特におさえておきたいポイント

▼右左折転回の合図の時期(30m前)

▼進路変更の合図の時期(3秒前)

▼その他の合図の時期(そのとき)

▼警笛鳴らせ(強制)と警笛区間(任意)の違い

この項目のまとめ

合図の時期の覚え方は上記のおさえておきたいポイントで記載した通りです。右左折転回30m、進路変更3秒前という語呂で覚えてしまうのが一番手っ取り早いでしょう。

たまに進路変更の合図を聞くと「30m前です。」と答える人がいますが、もし自分の車が100キロで走行していたなら30mでは間に合わないので辻褄が合わなくなります。

100キロで30mなんてほんの一瞬ですから、空間を捻じ曲げて移動する必要がありますよね。エスパーか何かですかと!?

手による合図の方法も教科書には記載されているのですが、日常的にこんなことはしません。しかし学科試験の世界ではかなり見かける機会が多いと思います。

腕の向きによって意味が異なりますので、ひとつひとつ覚えておく必要があります。