質問回答

免許を取ったらすぐに運転した方が良いですか?

運転できる環境があれば是非運転しましょう

巷では運転年数に比例して技術があがるという見解もありますが、本来は運転年数ではなく運転時間…飛行機でいうならフライト時間のほうが重要です。免許を取っても運転しなければ時間経過で衰えていく確率が高まりますし、飛行機だって10年や20年ブランクがあって飛んだらヤバいことになります。

仮にその期間をすべて運転に充てることが出来れば10年後のあなたの運転技術は確かものになっているはずです。ピアノのレッスンも週に1度ではなく毎日練習したほうが明らかに上達が早まりますよね。10年という月日は人や環境を変えていくには十分過ぎる時間なのです。

運転は時間ではなく経験を重ねるほど上手くなることを念頭に置きましょう。

免許を取得した直後が大切

免許を取得すればゴールというわけではありません。プラモデルでいうところの塗装が済んだ状態であり、これからどう上手く組み立てていけるかはあなたの技量によって大きく変わります。教習所で行う路上19時間(最短の場合)だけですべての道路環境を経験したわけではありません。

時期によっては雨の日や雪の日を経験しないまま教科書を卒業してしまうこともあるでしょう。そうすると晴れている日では感じることの出来なかった視界の悪さに戸惑ってしまうかもしれません。基本操作が出来ているうちにしっかりと練習をしておけばその技術はしっかりと固まっていきます。

しかしながら基本操作のみを習得した状態で運転をやめてしまうとその基本操作すら忘れてしまいます。一度こうなってしまうと運転の勘を取り戻すのに多くの時間と労力を要するのです。そもそもなぜペーパードライバー講習という制度があるのかを考えてみると答えが分かると思います。

ようするに勘を失った人たちが自身の力だけでドライバー復帰することが難しいことを裏付けている制度だと言えるからです。

-質問回答

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5