「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

準中型免許とは

質問回答

今と何が変わるのか

平成29年3月12日に道路交通法が一部改正され、新たに“準中型免許”が設けられます。

みなさんもご存知の通り、アマゾンに代表されるネット通販の影響で運送業者の需要もピークを迎えています。それにともない、トラックドライバーの募集も増加しているので、若い人にもトラックを運転できるようにと設定されたのが準中型免許です。

これまでは中型免許を取得するのに最低でも普通免許の保有期間が2年を過ぎないと免許を取得できませんでした。簡単に言えば18歳で免許を取っても最低20歳以上にならないと免許資格自体がなかったのです。

ですが今回の法改正により、免許保有歴のない18歳の人でもトラックに乗れるようになりました。それが“準中型免許”なのです。

改正前と改正後の比較

%e6%ba%96%e4%b8%ad%e5%9e%8b%e5%85%8d%e8%a8%b1

よく見ると赤文字部分の数値が異なると思います。この図を簡単にまとめてしまえば、来年の道路交通法改正前に免許を取らないと、普通免許で乗ることのできる車のサイズが小さくなってしまうことが分かりますよね。

トラックを運転する人にとっては初めから準中型を取ってしまえば最大積載量4.5トン未満(4,499キロまで)のトラックに乗ることができますが、そうでない人にとっては現行免許の完全なる下位互換となってしまいます。

しかし免許を取る人のほとんどはトラックの運転が目的ではありません。つまりこの法改正は大多数の方にとってほとんど関係のないものなのです。

むしろ料金的には今とほとんど変わりないのに、乗れる車種が減るわけですから見方によっては損でしかない可能性もあります。

逆に新普通免許ではほとんどのトラックに乗れなくなるので、安全面で見ればプラスに働くこともあるかもしれませんが……。

現行免許を取りたい方で気をつけたいこと

「私はプリウスしか乗らないから特に気になりません。」という方にとってはあまり重要な内容ではありません。

しかし「どうせ同じ料金を払うのなら少しでも乗れる幅が多い方がいい。」という方にとっては是非とも知っておきたい内容です。

法改正は来年の3月12日ですので、現行免許を取りたい方は来年の3月11日までに免許センターで試験に合格する必要があります。

ちなみに11日は土曜日ですので免許センターの業務は行っていません。

つまり実際は平成29年3月10日(金)までに免許センターの試験に合格しないと現行免許は取れないことになってしまいます。この日に落ちてしまったら法改正後の新普通免許の扱いです。

気をつけたいことは、あくまで免許センターで合格した日が免許の種類を決定するということです。教習所を卒業した日ではありません。

教習所を3月1日に卒業したとしても、免許センターで合格した日付が3月13日であれば法改正後の新普通免許が交付されます。

簡潔にまとめてみましょう

今回の法改正にあたり、みなさん自身がどう捉えれば良いのかの目安を下記に記載します。

▼一般ドライバー・車に興味なし・乗れればいい・身分照明にしたい

→特に法改正を気にする必要はありません

▼免許条件にこだわりがある・下位互換は嫌だ・将来ハマーに乗りたい

→早めに取って下さい

▼トラックドライバーを目指す

→就職先の最大積載量によっては早めに取って下さい

このいずれかに該当すれば書いた通りの流れになると思います。

気にすべき人、そうでない人の差が顕著に表れる法改正と言えるでしょう。

コメント