インターネット用簡易問題集(無料)β版を実装しました。

準中型免許とは

今と何が変わるのか

平成29年3月12日に道路交通法が一部改正され、新たに「準中型免許」が設けられます。

みなさんもご存知の通り、アマゾンに代表されるネット通販の影響で運送業者の需要もピークを迎えています。

それに伴いトラックドライバーの募集も増加しているので、若い人にもトラックを運転できるようにと設定されたのが準中型免許です。

これまでは中型免許を取得するのに最低でも普通免許の保有期間が2年を過ぎないと免許を取得できませんでした。

簡単に言えば18歳で免許を取っても最低20歳以上にならないと中型免許を取得する資格自体がなかったのです。

ですが今回の法改正により、免許保有歴のない18歳の人でもトラックに乗れるようになりました。それが準中型免許なのです。

改正前と改正後の比較

%e6%ba%96%e4%b8%ad%e5%9e%8b%e5%85%8d%e8%a8%b1

よく見ると赤文字部分の数値が異なると思います。

この図を簡単にまとめてしまえば道路交通法改正前に免許を取らないと、普通免許で乗ることのできる車のサイズが小さくなってしまうことが分かりますよね。

トラックを運転する人にとっては初めから準中型を取ってしまえば最大積載量4.5トン未満のトラックに乗ることができますが、そうでない人にとっては現行免許の完全なる下位互換となってしまいます。

しかし免許を取る人のほとんどはトラックの運転が目的ではありません。つまりこの法改正は大多数の方にとってほとんど関係のないものなのです。

むしろ料金的には今とほとんど変わりないのに、乗れる車種が減るわけですから見方によっては損でしかない可能性もあります。

逆に新普通免許ではほとんどのトラックに乗れなくなるので、安全面で見ればプラスに働くこともあるかもしれませんが……。

コメント