速度標識は何の為?

ずばり取締りのためです

みなさんは速度標識が何のために設置されているのかについて深く考えたことがあるでしょうか?

実はこれ、取締りのためです……。「えっ!?安全運転の為じゃないの?」と言った声が聞こえてきそうですが、確かに決められた速度で走行することによって安全性が保たれていることは事実です。

現に速度の出しすぎによる死亡事故も相次いで発生しているため、しっかりと速度を落として進行すれば防げた事故も多々あることでしょう。

しかしながら実際の道路環境と比べても実情に合っていないような速度標識が設置されている所もたくさんありますよね。

そりゃそうですよ。そう作っているんですから(笑)

例えば50キロ出せそうな道で30キロの制限速度であったならあまりにも遅く感じすぎてつい10キロくらいオーバーしてしまうこともありえそうですよね。逆に言えば人間のそのような心理を利用しないわけがないじゃないですかwww

決まりは決まり!現実を変える力がないなら諦めが肝心!

たとえ本人が「こんな道30キロであることがおかしい!道幅的には50キロ出せるのに!」と言ったところでなんの意味も持たないんです。

そもそも警察側からすれば捕まった個人の解釈なんてどうでもよく、法治国家である以上はその内容に疑問を持ったとしても守らなければなりません。それが国民の義務であり、それが嫌なら日本から出ていけと言うスタンスです。

「そんなの変だ!」って感じるのなら自分が政治家になって法律を変えれば良いのではないでしょうか?……それが出来ないのに文句だけ言っても何も変わらないことをよく理解しておく必要があります。

ようするに私が伝えたいことは、たとえ現行の速度標識に疑問を持っていたとしても、それが守らなくても良いという理由になるわけではないと言うことです。

取締りから見る選別の思想

職業柄警察の方ともよく会うのですが、以前にこのようなお話を聞きました。

「人間には性格があります。その中には当然ルールを守る人と守らない人が出てきます。社会のルールとしては守る人は保護すべき対象であり、守らない人はそれなりの落ち度(軽い表現に変えています。)があるので罰則の対象になるわけです。

つまり出来る人、出来ない人の選別ですね。こうでもしないと税収がなくなってしまうので、あえてルールを作ることで出来ない人から徴収するシステムが必要になってくるんですよ。」

この話を聞いた時に以前YouTubeで観た人工知能による人間選別を思い出してしまいました。近い将来人間が多すぎると食糧危機などに対応できなくなるため優秀な人材だけを残そうという概念ですね。

もちろんこの警察官のお話が日本の警察組織全体の解釈というわけではないと思うのですが、現行法上の仕組みを調べていくと……あぁなるほどなぁ~って見方に変わっていきます。

本当に速度標識を守らせる気があるのなら決められた速度を超えた時点で起爆装置なんかが作動すれば守らなくなる人はいなくなると思うのですが、現状ではそれ以上の速度が出せますよね。

そもそも日本で車を販売する時点で法定速度の最大が100キロですから、それ以上の速度が出ないように車側に制御を加えることも可能なはずです。では、なぜそれ以上の速度を出すことが可能なのでしょうか?

このあたりも勘の良い方ならなんとなく分かるのでは……(意味深)笑

コメント