「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

プッシュスタートの落とし穴

アラカルト

プッシュスタートとは

プッシュスタートシステム

カギをひねらずに、ボタンを押すことによってエンジンをかけるシステムのことです。

従来の「カギをひねる」と言った動作を省き、人間が行うよりも効率的にセルを回す(エンジンを起動する装置)ことが出来るので、最近の車ではほぼ標準装備と言っても過言ではないくらい多くの車種に搭載されています。

ボタンを押すだけでエンジンが始動するので、昔みたいに寒い日にかじかんだ手で冷たいカギをひねる必要性がなくなったんですね。非常に便利な機能のひとつですが、実はこのプッシュスタートには思わぬ落とし穴があります。

電池切れで積む

リモコンキーの電力は基本的にボタン電池で供給されています。このリモコンキーからは常に微弱な電波が発せられており、この電波を認証して車のドアロックを解除したり、エンジンをかけることができます。

電力消費は少ないですが、所詮はボタン電池……核燃料でも積んでいれば永久的に使えるのかもしれませんが、そんなリモコン怖くて持てないので薄くて扱いやすいボタン電池が主流です。

そしてこのプッシュスタートを採用している車のほとんどには、当然ながらカギ穴が存在しません。(オプションでプッシュスタートを選択できる車種においてはカギ穴がかろうじて塞がっているだけのタイプもあります。)

つまりリモコンキーの電力が完全になくなってしまったらエンジンをかけることが不可能になってしまうのです。

ちなみにドアを開けて車内入ることは可能です。リモコンキーには大概エマージェンシーキーと呼ばれる緊急用のスペアキーが収納されています。しかしながら車内に入っても、肝心のエンジンをかけるためのカギ穴がないのです。

リモートキー

エマージェンシーキー

これは経験談なのですが、車を1年以上使う機会がなくて(乗る動機が本当に無かった)、久しぶりに車に乗ろうと思ったらリモコン操作がきかなかったんですね。

「あぁ電池切れかぁ~。」と思って電池を買おうにも、外車のボタン電池は特殊らしく、ネットで調べたら秋葉原あたりに行かないと見つからないとか……(´・ω・`)トホホ

あえなくディーラーに相談をしたら以下のような返答を頂きました。

私「お忙しいところすいません。お世話になっております○○です。以前そちらで車を購入したんですけど、リモコンキーについて質問してもよろしいでしょうか?」

デ「あっ、○○様ですね。お世話になっております。リモコンキーですね、どのようなご質問でしょうか?」

私「電池が切れたみたいでエンジンがかからないんですね。何か出来るような措置はありますか?」

デ「リモコンキーを近づけてもダメですか?ドアを開けられないようなほんの僅かな電力でも電波は出るので、プッシュボタン付近にリモコンキーを近づけて押してみてください。」

私「……ん~……試してみたんですけど開かないですね。」

デ「おそらく完全に電池残量がなくなってしまったことが考えられますね。恐れ入りますが電池交換が必要です。」

以下省略

だそうです(笑)

つまりリモコンキーには僅かな電池残量があればギリギリ起動するみたいですが、私のように完全に残量ゼロになってしまうとなすすべがないと言うことになります。

仕方がないのでアマゾンで電池を購入しましたよ。これが従来のカギ穴タイプであれば何の苦労(?)もなくエンジンをかけられたわけで……。

まぁこんな経験をした次第ですから、皆様も同じような境遇にならないために、電池がなくなる前に交換すると良いかもしれませんね。エアコンのリモコンとは異なり前兆は分かりづらいですが。

ちなみにメルセデスのディーラーさんからは電池交換の目安は約3年と聞きました。参考までに(´・ω・`)

コメント