「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

学科試験対策!ズバリ勉強方法はコレだ!

学科教習

とにかく早く合格したい!3つの勉強術

学科試験の問題はどこから出るのか

ズバリ問題集から出ます!ですから問題集さえ完璧にこなせるのなら特に問題はありません。逆に問題集を全く見ないで試験に挑んでしまうと壊滅状態に陥る可能性があります。

問題集は各教科書で配布されている物を使えば良いでしょう。恐らくどこの教習所も適当に問題集を選んでいるわけではないので、配られた問題集のみを勉強していても問題はありません。

むしろ問題集の中から出題されると言うことは、事前に何が出るのかを把握することができるのです。つまりしっかりと勉強さえしていれば普通は合格できます。

教科書は参考書としてしか使わない

学科教習を受けていて、指導員が大事な所にとかマーカーとかをひいてはいませんか?

そしてそのマーカーをひいた部分から出題されるのだと思い込み、その部分だけを一生懸命勉強していたりしませんか?

結論だけ言えばあまり意味がありません!指導員は教科書すべてにマーカーをひいているわけではありませんよね。

つまりはマーカーをひいていない所からも普通に出題されます。ですから教科書は問題集を見ていて内容が分からなかった場合の参考書として調べる時に活用するのがベストです。

勉強は短期決戦を!

継続は力なり……と言った言葉がありますよね。確かに何事も継続することは大切です。技能教習だって繰り返し練習をすることで運転がみるみる上達していきます。

しかし学科の勉強の場合は別です。それこそ継続を維持できる人なら平気ですが、多くの人はこの継続をなかなか実現出来ません。

学科は運転とは異なり一人で出来ますから、何かと誘惑に負けてしまって定期的に勉強をすることが難しい環境になってしまいます。

私も今勉強する必要性に迫られても、恐らく誘惑に負けてスプラトゥーン2やデッドバイディライトを始めてしまう可能性が高いです(笑)

これが技能教習なら隣に指導員がいますから誘惑どころの話じゃありませんからね。本当に学科の勉強は始めるまでが大変です。

このような時はさぁ!やるぞ!と決めて、一気に勉強してしまうことが重要です。

そうでないと次にいつ勉強できるか保証がありません。気持ちを切り替え、「今勉強すればこの後は自由だ!」と希望を持つことで何となく気力が保てます(笑)

勉強の苦しみより不合格の苦しみの方が大きい

これは特に本免試験(免許センター)における苦痛が大きいですね。勉強をしっかりやったのかどうかが結果として表示されますから、落ちた時は絶望感は想像以上です。

このとき初めて「勉強しておけば良かった……。」と後悔する人も出てきます。でも結果は嘘をつきません。落ちたのです。

勉強をしていれば免許証を手にして帰れたのに、何も手にせずお金と時間だけを消費して帰らなければならないのです。

このような事態に陥らないためにも、しっかりと問題集を勉強して試験に挑めるようにしたいものですね。

コメント