「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

自転車の通行区分

学科教習

自転車は左側通行

教習所に通っているみなさんなら分かると思いますが、自転車は歩行者ではなく車両の一部です。

つまり一般的に走っている自動車と対等の扱いであり、「自転車>自動車」の関係ではありませんので気をつけましょう。

たまに歩道で歩行者に対してチリン!と鈴を鳴らす人もいますが、その行為は道路交通法上、警音機の乱用にあたり罰則の対象です。

最近ではボイスレコーダーを持ち歩く人も増加していますから、歩行者側が告訴すれば自転車側が裁判で勝つことはまずないでしょう。

警音機は危険回避のためにやむを得ない場合に使用するのであって、誰かをどかすために使用するものではありません。

歩道も自転車絡みの事故は多いですが、そもそも歩道を走らなければ事故は起きません。自転車も軽車両という車の一種であると言うことを覚えておきましょう。

そして車のカテゴリーですから、当然ながら左側通行です。

自転車で走行する際は進行方向左側の車道及び路側帯を通行します。これを進行方向右側で走ってしまうと道路区分違反の逆送として見られてしまいます。


通行区分違反

・3月以下の懲役又は5万円以下の罰金。

・3年間に2回以上取締りを受けると、講習を受ける義務が発生し、これを受けなかった場合は犯罪歴(前科者)として登録される。


最近では下の写真のように自転車が通行できる部分を色分けしている道路もありますがこれは便利ですね。

どこを走ればいいのか明確に分かるようになっていますから、視覚的にも間違えずに済みます。

コメント