「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

交通教育は義務教育で行うべき

アラカルト

無知の恐ろしさ

現在教習所に通われている方は卒業検定に向けて、一生懸命技能や学科を勉強しているかと思われます。その学習の中で、今まで知ることのなかった自転車の立ち位置や細かい交通法規を学ばれたのではないでしょうか。

そう、みなさんは教習所での学習を通して知っているのです。自転車が歩行者ではなく車両の一部であるとか、交通法規の行われていない交差点では左側から進行してくる車の通行を妨げてはいけないだとか……。

これらはすべて一般公道を運転する上で必要不可欠な知識であるため、国は「免許制度」として運転免許証を国家資格として定めているのです。当然これらの試験に合格しない限りは免許証を持つことは許されません。

しかし……もしみなさんが教習所に通わなかった場合、日本の交通法規について自主的に調べたりする機会はあったのでしょうか?

むしろ教習所に通う前に交通法規について調べたりしましたか?

おそらくほとんどの人が「ない」と答えると思います。私もそうです(゜-゜)!キリッ

残念ながら人間は興味のあること以外に対して自主的に動くことはありません。献血だって昔よりかは人が来るようになりましたが、それは血を提供する代わりにドーナツやらケーキやらの見返りを提供するようになったからです。

逆に見返りを提供しない応急救護講習においては、教習所で強制的に行わない限り(免許取得項目として義務になっている)普段の生活で参加する人はかなり限られているでしょう。

そう、人間の自主性に期待する方がそもそも間違いなのです……残念ながら。

現状では、もしあなたが教習所に通わなかった場合、死ぬまで交通法規を理解しないまま終わってしまう可能性も大いにあったのです。それも当然!運転免許は任意ですから通う通わないは自由なわけですよ。

だから免許を取っていないお婆ちゃんに至っては自転車が歩行者の延長線上だと思いこみ、「車より自転車が優先よ。」なんて勘違いをしながら突っ込んでくる可能性もあるのです。

みなさんも教習所で勉強する前はそうではありませんでしたか?

「自転車は車より立場が弱いから優先だ!」なんて思って交差点の横断歩道を無理矢理スゥ~~って抜けたりしていませんでしたか?

これは大きな誤解で、自転車も車両のひとつですから自動車とは対等なんです。つまり自動車が自転車を横断歩道で譲る義務もなければ、自転車が優先的に通行できる権利もないんです。

ほかにも「歩行者は最強だから車がすべてよけるべきだ!」とか考えたりしていませんか?これも実際に技能教習で路上を運転すると発想が変わるはずです。

知らない人も本来は「そんなの教えられていない。」では済まされないのですが(「人を傷つけるななんて教えられていない。」と同義語)、もっとこれらの知識を広める努力が個人の取り組み以前に、行政的にも必要なのではないかと思います。

取りこぼしのない義務教育

私は兼ねてより「交通教育は義務教育下でしっかり行わせるべき」との見解を示してきました。なぜなら義務教育であれば国民全体が対象となるため、取りこぼしが極めて少ないからです。

これは応急救護措置にも言えることなのですが、行政的には「日本は免許取得人口が多いからとりこぼしが少ない。」と言った理由で教習所での必須項目に応急救護を定めています。

いやいや普通に考えて義務教育の方が取りこぼし少ないだろ\(゜ロ゜)/

小さい頃から記憶にまったく残らない道徳の時間で「さわ○か3組」的な変なビデオ(表現が古い)を見せるよりかは、実際に自転車の乗り方や交通法規について学ばせた方が国民全体の利益になるのでは?

結果的に事故のない社会に結びつくのであれば、現場の人は大変かと思いますが義務教育下で交通法規をしっかりと学ばせた方が良いと思います。妄想ではなく結果論で語るならそれしかないって誰もが分かってるはずなんですけどね……。

なかなか決まらないところが日本の特徴と言うか何というか……。

同じ敗戦国であるドイツなんかはこのあたりが進んでいる(子供の頃に交通法規を学ばせるので違反が少ない)ので凄いなぁと感心してしまいます。

ようは取り組む姿勢の問題ですね。

コメント