S字とクランクのコツ(最新版)の画像をリファインしました。

法定速度とは

学科教習

そもそも法定速度とは

法定速度とは標識や標示によって制限速度が表示されていない場合の上限速度のことです。逆に標識や標示によって速度が制限されている場合は「制限速度」という表現をします。

標識がある場合はそれらに従い、標識がない場合は法定速度に従うと言った流れになります。余談ですが最高速度とは逆の最低速度も存在します。

一般道路の法定速度

一般道路は60キロと30キロの2種類です。法定速度が30キロとなっている車種は原動機付自転車(以下原付)のみですから、それ以外の車両はすべて60キロと覚えておいて良いでしょう。

従って一般道路における法定速度の覚え方は「原付以外は60キロ」というイメージです。

この場合道路標識で50キロの制限速度が設定されている場合でも、原付は30キロを超えて運転することはできませんので気をつけて下さい。試しに例題を出してみましょう。

問「普通自動車の法定速度は60キロであるが、大型貨物及び大型特殊自動車の法定速度は50キロである。」

といった問題です。

これは簡単ですよね。一般道路においての法定速度は「60キロ」と「30キロ」しか存在しないわけですから、50キロという言葉がでた時点でほぼ「×」は確定です。

教科書を見ながら普通乗用自動車は60キロ……大型乗用自動車は60キロ……普通自動二輪車は60キロ……とノートに淡々と書いて覚えるよりは、「原付だけ30キロ」と覚えておいた方が記憶する量が減るだけでなく、頭のなかで法定速度を把握しやすくなります。

芝猫
芝猫

覚え方にもコツがあるんだね。

教科書の内容って意外と多いですから

いかに効率よく学習するかが重要です。

高速道路の法定速度

高速道路は100キロと80キロの2種類です。一般道路以上に細分化されており、少々覚えるのは難しいかもしれませんが、もちろん覚えるためのコツがあるので安心して下さい。私が学科教習で講義をしているときは教習生に以下のように伝えています。

①100キロは主に人を乗せる車

②80キロは主に荷物を載せる車

です。

この考え方にはあるメリットがあります。それは以下のような問題が出題された際に効力を発揮するのです。

問「高速道路上では普通乗用自動車、大型自動二輪車及び普通自動二輪車は100キロであるが、大型貨物自動車及び大型乗用自動車、中型貨物自動車は80キロである。」

みなさんならどう答えるでしょうか。実はこの問題は典型的な引っかけ問題です。このようなたくさんの車種が問題に出てくる場合は、ひとつひとつの車種にスポットを当てながら見ていきます。この問題にでてくる車種を以下にまとめておきました。

  1. 普通乗用自動車(一般的な乗用車)=人を乗せるから100キロ
  2. 大型自動二輪車(大型バイク)=人を乗せるから100キロ
  3. 普通自動二輪車(普通バイク)=人を乗せるから100キロ
  4. 大型貨物自動車(大きいトラック)=荷物を載せるから80キロ
  5. 大型乗用自動車(大きいバス)=人を乗せるから100キロ
  6. 中型貨物自動車(中くらいのトラック)=荷物を載せるから80キロ

となります。この見方で言うなら大型バスは100キロなので、問題に対する答えは「×」となりますね。この引っかけ問題の特徴は「大型」というキーワードです。

教習生の多くは「大型」と聞くと重かったり速度が遅いイメージがあるので、なんとなく80キロだろうと想定してしまいます。この概念でいくと大型バスも「大型」と書いてあるので「80キロ」なのではないかと錯覚してしまうのです。

しかし大型バスは主に「人」を乗せる車種ですから、例え「大型」と書いてあろうと法定速度は100キロとなります。

コメント