「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

環状交差点の通行方法

学科教習

初見はパニック必須

軽井沢の環状交差点

旅行に行った時にたまたま遭遇したのですが、なんか不思議な感じの交差点ですよね。これが環状交差点です。

通常の交差点とは異なり完全な円形をしており、自動車はこの交差点の中を時計回り(右回り)に通行する必要があります。

つまり右折をしたくても「左折(交差点に進入)→左折(交差点から離脱)」で通行するということですね。

以前は一般的な交差点だったんですけど、数年前にいきなりこんな交差点に魔改造されて軽くパニックになりました(;´д`)

当時は環状交差点なんて概念がなかった時代ですから、まずは通行方法を探ることから始まりました。

とは言ってもすでに交差点内に進入していた車がクルクル回っていたので(多分出る場所で迷ってる)、それを見て「あ~こう走るのか」と真似て走りました(笑)

よく見ると写真中央にこの交差点の通行方法が書かれており、このマークが現在使用されている道路標識(環状交差点)の原型になっています。

環状交差点のメリット

ズバリ電力が必要ないことです!

これは2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響を受け、電力喪失時にも機能を失わない交差点として注目を集めました。

被災地でなくとも発電所のキャパの問題で各地において計画停電が発令され、信号機の消えた交差点付近では多くの混乱が生じていました。

しかし電力のいらない環状交差点ではこのような場面で影響を受けず、一時停止後に交差点に進入するため衝突事故防止等の効果が期待できます。

環状交差点は普及するのか

まだモニタリング試験の段階にあるので、普及するかどうかは分かりません。むしろそんなに数がないです(笑)

ただ数が少なくとも教習所の学科試験には普通に出題されますからね^_^;

それに私みたいに意図しない場面において遭遇する可能性もゼロではありませんよ。万が一を想定してでも覚えておいた方が良い知識として間違いないでしょう。

コメント