S字とクランクのコツ(最新版)の画像をリファインしました。

イメージトレーニングは役に立たない

技能教習(第一段階)

イメトレで運転が上手くなるわけがない

イメトレ?ナニソレ?

もしかしたら技能教習を行っている際に次のことを言われているかもしれません。

  • 家に帰ったら今日やった内容をイメージして練習しておくといいよ。
  • ハンドルの回し方くらいならおぼんで練習できるよ。

なんてね。そもそもおぼん(現在はトレーが主流)なんて今の時代そんなに見かけませんけど(笑)

これは日本に古くから伝承される宿題という鬼畜文化に影響されています。とにかく家で休むなんて悔しい!苦労しろ!的ないらない風習ですね。

もちろん宿題そのものに意味がないわけではありませんが(一応自宅研修という名目はありますからね)、これを運転の世界にまで持ちこんでしまうと厄介です。

ここで誤解を招かないように補足を入れますが、あくまで運転のイメトレに意味がないと言っているだけであり、自宅での学科の勉強は大いに推奨しています。

自宅学習はイメトレとは異なり実物(教習所なら問題集)がありますから、イメージではなくて列記としたトレーニングです。

しかしイメトレは実態のない物を想像上で動かす必要があります。思い出して下さい。技能教習第一段階の一番初めに模擬運転装置を触りましたよね?

あの時ハンドルをくるくる回す練習をしたと思いますが、そのあとの実技においてそれを完全に生かして走行できていましたか?

画面上では出来ていたと思いますけど、実際に実車を操作すると右に寄ってしまったり左の縁石に乗り上げてしまったり散々でしたよね(;´д`)

画面を見ながら物理的に操作をしてこの効果なのですから、さらに実物をなくしたイメトレで運転ができるようになるわけがないんです!

運転は反復と練習により上達する

学科は家でもできますが運転は家で練習することができません。例外的に北海道とかに住んでいて、山ひとつくらい所有している人なら話は別ですが……。

(私有地は道路交通法が適用されないので免許がなくても車を運転できる。)

そもそも人間は車を運転することに特化して進化を重ねた生物ではありません。後から身に付けるには反復した動作が必要となります。

スキーの選手だってレースのドライバーだって何度もトレーニングを重ねて技術を磨きます。漢字だってたくさん書いて覚えますよね。

例えばYouTubeで上手い人のゲーム動画を見ていると、なんとなく自分にもできそうな(大きな勘違い)気がしてきますが実際はできません。

私もモンハン動画でめちゃくちゃ狩猟笛の上手い人のプレイを見て「よし!狩猟笛やってみるか!」と試してみましたが全然使えませんでした。

つまり見ているだけじゃ上手くなりません!実際に動かして練習しないと!

ですから運転の練習は教習所だけで行えば十分であり(むしろそれ以外の手段がない)、家では学科の勉強を集中して行った方が効率が良いです。

コメント