技能教習(第一段階)

キープレフトの習得は絶対に必要

左側通行のさらに左寄りがキープレフト

教習所で練習をしているとキープレフトと言う言葉を聞くことはありませんか?

直訳すると左側を保つという意味ですが、そもそも日本は左側通行ですので常にキープレフト走行を行っているとも言えます。しかしいくら左側車線を走行していたとしても、やたら中央線(対向車線との境目)に近い右寄り走行は危険なものです。

対向車両からすれば「なんであの車はこっちに寄っているんだ?」と思われますし、今の時代は前走車に「何煽ってきてんだ!」と怒鳴られる可能性もあります。本人は無意識であっても他者から見れば迷惑極まりない行為だと思われているかもしれません。

例えばみなさんがエスカレーターに乗るときはステップの中央に立っているのでしょうか?

おそらく左側に立っていますよね?

中央に立っては行けないという法律はありませんが、高確率で面倒くさいことに巻き込まれるので風習的に左側に寄っているはずです。車も同様に道路が広いからといって自由に走れるわけではありません。だからわざわざルールとしてキープレフトと言われているわけです。

  • (上)正しい走行位置(左寄せ)
  • (中)微妙(道路の中央)
  • (下)誤った走行位置(右寄せ)

左の感覚を掴めないと卒業後に困る

教習を始めたばかりの人にとって感覚の掴みにくい左側に寄せる行為は非常に怖いと思います。ですが左側にしっかりと寄せる技術がないといずれ困ることになります。狭い道で対向車と行き違う場合は必ず左側に寄せる必要があるからです。

仮に左側の感覚が分からず寄せきれなかった場合、対向車両の運転手が「ふざけるな!もっと寄れるだろ!」と怒鳴ってくるかもしれません。少しは大目に見てくれよと思いたくもなりますが、実際は左側に寄せることができない技量不足のあなたが悪いのです。

このような場面で惨めな思いをしないためにも所内コースでしっかりと左寄せの技術を習得したほうが良いでしょう。技能試験でも中央線寄りを走行すると「ふらつき」減点が取られる可能性があります。

-技能教習(第一段階)

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5