質問回答

学科試験は勉強しないと受からない?

学科試験に落ちた場面を想像する

先日教習生から「どうしたら勉強をする気になれますか?」といった質問を受けました。大雑把に表現するなら「落ちたくないのなら勉強して下さい」としか言いようがないのですが、思いのほかこの概念は重要です。もちろん誰も試験に落ちたいと思っている人はいません。

だけど「なんとなく受かるだろう」と全く根拠のない言い訳を考えて安心感を得る人(いわゆる防衛機制)もいます。この根拠のない安心感が本当にハイリスクで、ただ単に勉強をしない理由が欲しいだけなんです。何もしないで受かれば儲けもんだという概念でしょう。

しかしそれらはすべて妄想です。かつて弾けたバブルと一緒です。現状だと本免学科試験合格率は71%(令和元年警察庁統計より)。当然ながら合格するまでは免許センターに通い続ける必要があり、何も得られず免許センターを背景にして帰る自分の姿は虚無でしかありません。

そして落ちている人たちの多くは大した対策もせずに「71%なら何とか受かるだろう」と楽観的に考えているタイプです。

友達の勉強してないよは大嘘

これは大学時代の思い出話です。私よりも先に鮫洲試験場に行った友達が1発で免許を取ったのですが、私もいずれ試験を受けなければならない状況だったので(教習所は卒業して本試験を受けるだけの状態)身近で免許を取った人にアドバイス的なものが欲しかったんですよ。

とりあえず友達に「受かる秘訣ある?」って聞いたら「勉強なんてしてないよ、しなくても受かるよ」と言われました。正直「寝言は寝て言え!」って思いましたね。なぜならその友達は大学の講義を受けているときに勉強をしているふりをしながら教習所の練習問題をやっていたからです。

その姿をかなりの頻度で目撃していたので「えっ?君勉強してたよね?」ってなるわけですよ。つまり嘘でありただの見栄。

仮にこれを鵜呑みにして勉強を本当にしていなかったら私も1発で免許を取ることは難しかったでしょう。基本的に「勉強してないよ」と言う人のほとんどは勉強をしています。誰でも自分が受かってしまえば難易度の感覚がおかしくなるんです。これらは進学や就職でも同じようなことが言えます。

現在進行形で受験や就職面接を受けている時は辛いのに、いざ受かってしまうと「自分でも受かったのだから誰でも受かるだろう」といった概念が生まれます。そこから「頑張れば受かるよ!」といった軽い言葉が生まれるのではないでしょうか。

それに勉強していなくても免許を取れた方が要領がいいんだなって見られるかもしれないので見栄も張りやすいですよね。ですから誰かの言った勉強しなくても平気という言葉をそのまま受け止めるのではなく、その短い言葉に隠された最大限の努力を発見した方がいいと思います。

-質問回答

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5