質問回答

学科試験は勉強しないと受からないものですか?

学科試験に落ちた場面を想像してみましょう

勉強をしないで学科試験に合格するのは難しいと思います。学科教習をすべて記憶したとしても問題集のせいぜい7割くらいしか答えることができません。なぜなら学科教習は道路交通法の理解に重きを置いており、学科試験対策に特化した塾のような運営をしているわけではないからです。

もっと言ってしまえば学科試験対策に特化した教習は法律で禁止されています。教科書を読むだけではなく、ひとつの授業で必ず視聴覚教材(写真や動画)を用いるなどたくさんの制約があるのです。逆にそもそもなぜ勉強をする必要があるのかを逆算して考えてみるとその必要性が理解できると思います。

おそらくほとんどの場合は「免許証が欲しい」「落ちたくない」といったシンプルな動機に行き着くはずです。

そのためには勉強をして知識量を深めるしか現実的な手段が残されていません。しかしながら学科試験に「受かる人」と「落ちる人」では明確な違いがあります。それは落ちる人のほとんどが「なんとかなるだろう」「自分はなんとかなる」という根拠のない言い訳を考えて安心感を得る人たちです。

歳を重ねていくと気持ちだけではどうにもできない壁が世の中にはあることを理解していくのですが、若いうちはなんとなく理論や結末よりも気持ちが先行してしまう傾向が強いですよね。しかしながら学科試験は気持ちではなく点数という結末のほうが重要です。

現状だと本免学科試験合格率は71%(令和元年警察庁統計より)であり、おおまかに表すなら3人に1人が点数が足らずに落とされている計算です。当然ながら合格するまでは免許センターに通い続ける必要があり、何も得られず免許センターを背景に帰る自分の姿は虚無でしかありません。

友達の意見は当てにしない!

これは大学時代の思い出話です。私よりも先に鮫洲試験場で本免学科試験を受けた友達が1発で免許を取得したのですが、私もいずれは試験を受けなければならない状況だったので(教習所は卒業して本試験を受けるだけの状態)その友達にアドバイスを聞いてみたのです。

さっそく友達に「どんな勉強をしていたのか?」と聞いてみると、意外にも「勉強なんてしなくても受かるよ」と言われました。結論から言いますが大嘘です。なぜならその友達は大学の講義を受けているいるふりをしながらひたすら教習所の練習問題に没頭していたのを度々目撃していたからです。

ようするに「勉強をしなくても受かるよ」という表現は自分のことを「勉強をしなくても受かるくらい優秀なんだよ」と良く見せたいがための見栄でしかなかったということです。基本的に「勉強をしていないよ」と言うほとんどの人はしっかりと勉強しています。なぜなら落ちたくないからです。

ですから誰かの言葉を鵜呑みにするのではなく、すべての良い結果は隠れた努力に裏付けされているという事実を認識したほうが先に進めることは明確です。

-質問回答

© 2022 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5