技能検定で気をつけるべき点を教えて下さい

自分自身のコンディションを良くする

検定関係の内容は公表して良いものとそうでないものがあります。当然ながら公表して良い内容のみで説明致しますが、実際に検定で生かせるものを中心に記載していきます。

まずは見出しにもある通り、自分自身のコンディションを良く保つことが重要です。ここで言うコンディションとは体調管理や気持ちの整理を含んでいます。

緊張面に関しては検定を受けるほとんどの人が体験するものであり、実際どうしようもない部分が多いですね。緊張は誰しも平等に訪れるので、仕方がないと割り切りましょう(笑)

しかし体調面の調整は自分で何とか出来ます。検定前日の夜は不安だらけで眠れないかもしれませんが、本番で眠くなってしまうと実力を発揮することが難しくなります。ですので前日は早く寝た方が良いと思います。

風邪薬も眠気を誘う作用がありますから、直前で飲むと運転に支障を及ぼす可能性があります。検定直前は不安がつきものですが、前日あたりから不安になっても意味がありません。

当日は不安が緊張に変わりますし、どんなにコンディションが良くても合格するときはするし、合格しないときはしないのです。あまり深く考えすぎずに、リラックスして検定を迎えた方が実力を発揮しやすいですよ。

修了検定で気をつける点

修了検定で絶対に意識しておきたいことは目視寄せ(右左折時)です。正直この2つが完璧に行えるのであればほとんどの場合受かります!

逆にこの2つが出来ないと、どんなに運転がスムーズで上手かったとしても採点上は不合格になってしまいます。

例えば左折ひとつにしても最初の合図でしっかり寄せているのか、目視は忘れていないか、曲がる際に大回りになっていないかを厳しくチェックされます。

特に目視は安全運転をする上での基本中の基本ですから、目視すべき場所で目視が出来ないと、路上を走らせるには危険と判断されます。見れば回避できる危険も、見なければ回避しようがないのは当然です。

ですので路上に出る前には目視が癖になるようなレベルまではもっていきたいのです。正直目視ができないとどんなに運転が上手くても合格できないと思った方が良いでしょう。

卒業検定で気をつける点

卒業検定は修了検定と異なり路上で検定を行います。当然ながら日によって交通状況も天候も異なるわけですから、それに応じた運転を臨機応変に行う必要があります。

特に歩行者の動きは予測が難しく、最大限の注意を払わないと事故に繋がります。特に交通整理の行われていない(いわゆる信号のない)横断歩道で渡ろうとしている歩行者を発見した時は無条件で譲りましょう。もう一度言いますが無条件です。

歩行者が渡ろうとしているのにそのまま通行してしまうと、たとえ検定期限が明日に迫っていようが合格することは不可能と考えた方が良いでしょう。

たまに教習生に「急ブレーキしてでも止まった方がいいですか?」という質問を受けますが、その返答に関しては「そもそももっと早く発見して下さい。」と回答されます。

遠くを見ていれば横断歩道に近づく歩行者を予測することは出来ますし、それが出来ないのであればまだ免許を取るには早いと考えた方がいいでしょう。

さすがに信号無視で不合格になる人は少ないですが、赤信号による停止線オーバーも信号無視と見なされるので気をつけて下さい。

停車車両をよける際に近づきすぎて補助ブレーキを踏まれるパターンもあります。最低でも1.5m(小学校の机一個分)はスペースを空けて下さい。

対向車がいる場合は無理に行こうとはせずに手前で待ちましょう。路上検定は歩行者自転車停車車両に対し、しっかりとした対応を行えば受からないものではありません。

今後も生きていく限り、極度の緊張状態に陥ることは教習所以外でもあるわけですから、落ち着いて状況判断を行うことは卒業後も必要になってくるのです。

天候に関しては意外なことにの日が有利に働くこともあります。雨が強くなると視界が悪くなるマイナス面もありますが、道路上における自転車の絶対数が少なくなるので若干走るのが楽になります。

台風の日なんかラッキーですね。人も自転車も、さらには車も晴天時より明らかに数が減ります。

そもそも台風の日を調整することはできませんから、もし台風の日に試験が重なってしまったのならネガティブにではなくポジティブに捉えて挑んだ方が良いでしょう。

検定は一般ドライバーへの最後の障壁

卒業検定に合格し、免許センターで本面試験に合格すれば待ちに待った一般ドライバーの仲間入りとなります。しかしその先はみなさん自身の世界です。もう隣に指導員はいません。

私たちは大地の聖霊や守護霊とかではありませんから、卒業してしまえば助けることも補助をすることも出来ません。当然事故が起きてしまえば全てが運転しているドライバーの自己責任となるのです。

しかし免許証が発行されれば、その日から車で日本一周もできてしまいます。卒業後のみなさんの心に静かに問いかけてみたいのですが、今の運転技術で本当に日本一周が可能なのかを想像してみましょう。

「なんとかなる。」と思う方もいれば「えっ、無理無理!」と思う方もいると思います。

私も免許を取った2日後に、軽井沢まで旅行(車で)に出かけたのですがそれはそれは恐かったですよ。対向車線にはみ出したり崖から落ちそうになったり……(笑)

そのときばかりは練習の大切さを痛感しましたね。教習所で教えることは最低限の技術ですから、その土台を元にみなさん自身で練習して頂く必要があるのです。

無理に背伸びはせずに、ゆっくりとでいいですから技術を磨いてください。果実酒と同様、急ぐよりじっくりと時間をかけた方が確かな技術を身に付けやすいですよ。

コメント

  1. Y.Iさん より:

    来週の月曜日で5回目の修了検定になります
    クランクやS字の脱輪の場合何点ぐらいの減点になるのでしょうか?全く受かりません解答お願いします

  2. LIVELA より:


    狭路(S字、クランク)の場合はその時の脱輪具合によって大きく変わります。乗り上げてしまってそのまま通過してしまった場合は「中止」、乗り上げたあとにバックで戻れば「減点」扱いになります。
    細かな点数は公表できないのですが、縁石に乗り上げてしまうと言うことは、路上において人の足を踏んでしまう可能性がありますから、必然的に減点数も多くなってしまいます。2回乗り上げてしまうとほぼ失格です。
    検定はS字、クランクが原因で落ちてしまったのでしょうか?
    S字、クランクの難易度は速度に比例しますから、出来る限り速度を落として進行することでハンドル操作は楽になります。S字、クランクに時間制限はありませんから、遅くても通過できればOKになります。

  3. ももち より:

    修了検定に5回落ちて泣きそうでしたが、書いてある通りに実践したら無事に受かることができました!ありがとうございました!!

  4. LIVELA より:


    お役に立てて良かったです。そしておめでとうございます!修了検定の合格は実力がしっかりと身に付いてきた証拠です。混んでいる時期で大変かと思われますが、自信をもって免許取得に挑んで下さい。