学科試験の難易度は都道府県によって違う

試験問題は都道府県別に製作

ちまたで言われるあの言葉……。

「◯◯県の本免試験は難しいんだって!」

ようするに試験を受ける地域によって学科試験の難易度が違うってことですね。様々な出身地の人が集まる大学等に通っていると、免許を取る時期にこうした会話が出ることがあります。

まぁズバリその通りなんですけどね(^O^)

これは各地域における事故発生率やその要因……高齢者の数などを把握し、試験問題にフィードバックしているのでこのような差異が発生します。

高齢者の事故が多い地域では高齢者関係の問題が多く出題されたり、豪雪地帯では積雪時の措置や滑った際の対応策など、そのバリエーションはかなり細分化されています。

とりわけ死亡事故の多い埼玉県と愛知県は全国屈指の難易度を誇っていると言われ、全国屈指と言うことは広義で捉えると「世界一難しい」とも表現することができます。

(日本の免許制度、難易度は世界一なので日本で免許を取得すれば世界で運転できる。※要手続き)

逆に東京都や鳥取県は簡単って聞きますね。

私は東京の鮫洲試験場で受験したのですが、想像していたよりかは難しい問題が出題されず(逆に効果測定の方が難しかった)あっさりと合格してしまった記憶があります。

というか問題が変でした(笑)

例えば……。

問1

「動物が飛び出すおそれありの標識に出てくる鹿は雄(オス)である。」

だとか……。

問2

「後ろから救急車が近づいてきており、これはただ事でないと考え現地に直行した。」

であるとか。

もうね……「教習所で習った内容なんて意味があったの?」ってくらい意味不明な問題なんですよ(笑)

標識に書かれている鹿が雄(オス)か雌(メス)かなんて学科教本に載っていないし習ってもいない!

しょうがないのでバトル鉛筆の要領で適当にをつけたら奇跡的にも正解でした。

ちなみに後で解説を見たところ、角があるのは雄(オス)だけであって雌(メス)には角がないそうで、しかもご丁寧に「(トナカイ科は除く)」なんて括弧書きまで付いていました。

もはや悪意しか感じられない(笑)

救急車の問題はモラル的に考えれば何とかなるのですが、この試験での出来事を境に「教習所で行う学科対策は本当に有効なのか?」を考えるようになりました。

今振り返ってみると、こうした経験がこのサイトを立ち上げる原点だったのかもしれません。

どうしても合格出来ない場合は住民票を変えた方が良いのか?

ごく稀に(大半は外国人)ですが、「学科試験に受からないので他県に住所を移して試験を受けた方が良いですか?」なんて質問を受けたりします。

その質問に対して、私は即答でNO!と答えますね。

確かに学科試験の難易度は都道府県によってバラバラです。しかし、実際には不平等だと騒ぎ立てるほどの難易度の差はほとんどありません。

実際に試験が簡単だと言われる鳥取県で落ちる人もいますし、難しいと言われる埼玉県で受かる人もいます。

ようするに学科試験の合否は個々の能力によって変化するものであり、問題集を変えた所で万事がうまく行くようなものでもないのです。

むしろ本試験を受けることがこの話の前提であれば、教習所を卒業する前に効果測定には合格しているんですよね?

効果測定に合格出来たのなら、同じ勉強量でしっかりと復習を行えば間違いなく一発で免許が取れますよ!これを怠るから受からないんです。

勉強すれば受かるし勉強をしなければ受からない……本当にこの世界はシンプルなんです。

学科試験は日本語力の問題

まずは細かいことを抜きにして以下の問題を読んでみて下さい。

自動車は走行中、歩行者との間に安全な間隔があけられない場合のほかは、すぐに止まれるような速度で進行しなければならない。

いかがです?

分かりましたか(^o^)?

答えはこの下にありますが、出来ればまだ見ないでこの問題に対する「○」か「×」かを考えてみて下さい。

 

…。

 

…。

 

では答えを記載致します。

正解は×です!この問題を10秒以内に正しく回答できた方は、日本語力がなかなかの強者であると勝手に解釈致します(笑)

おそらくこの問題に10秒以上の時間がかかってしまった人は、文中の「あけられない場合のほかは…」で苦戦されたのではないでしょうか?

ほかってどういうことだ……って。

解説するとこんな感じです。

・あけられない場合→文字通りあけられない、歩行者が近い。

・あけられない場合のほか→あけられている、歩行者が近くにいない。

と言うことになります。

これを瞬時に察知できるかどうかが日本語力……言うなれば国語です。そう、教習所の学科試験は国語の問題だったのです(笑)

「この標識は何ですか?」なんて分かりきった事はほとんど聞いてきません。引っかけ問題に対してどれだけ対応できるのか……それが学科試験の本質なのです。

真剣に勉強をしていてもなかなか結果に結びつかない人は、こうした引っかけ問題に対応できていない可能性が非常に高いです。

とりわけ「どこが間違ったのか分からない」という人ほどこの傾向が強いですね。引っかけ問題を受けた事にそもそも気づいていませんから。

勉強はそもそも得意だよ!と言う方は最初からこのページを見ていないかと思いますが、勉強が苦手で苦手どうにもならない方は以下の記事も読んでみて下さい。

過去ログですが時代の流れに合わせてちょこちょこと内容を変えています。ですので常に最新版だと思って頂いても幸支えないと思いますよ(^o^)

他の教習所さんにも参考にして頂けるような自信のある内容です。

多くの学科教習は試験対策ではない
教科書のマーカーを信じてはいけない 学科教習を受けている際に、このような説明を受けたことはないでしょうか? 「ここは...
どうしたら勉強をする気になれますか?
学科試験に落ちた場面を想像する なかなか勉強に身が入らない人は是非参考にして下さい。今はYouTubeとかPS4とか、...

コメント