「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

あると便利な車用掃除機

アラカルト

車の手入れに大活躍の車用掃除機

なくても困らないけどあると便利な車用掃除機。運転する上での必需品ではないので購入を考えてもつい後回しになりがちです(・ω・*)

ただですよ……実際に使ってみると物凄く快適で、ないと不便さマックスでフラストレーションが溜まるほどの体質になってしまいました(笑)

車の外って外気由来の汚れ(油とか埃とか)がほとんどなので、水をかけてしっかりと洗車をすればすぐに綺麗になります。

しかし室内はさすがに水でバシャバシャ洗うことは出来ませんよね(;´д`)そもそも室内の汚れのほとんどは埃や砂……。

つまり水をかけても意味ないんです!

そこで登場するのが車用掃除機!安くて手軽な安価品から、何でも吸いとれる高価品まで種類も様々です。

輸入車対応のポータブルクリーナー

サイクロン式なのでゴミがよく取れる

家庭用と車用の大きな違いは、電力の供給をコンセントから取るかシガーライターから取るかですね。

家庭用のハンディサイクロンクリーナーを車で使えるようにしたイメージですが、上記写真のようなタイプであれば4,000円以内で購入できます。

特にシートの表面やフロアマットの汚れに最大限の力を発揮します!

車用のコロコロも売っていますが、これだと繊維に入りこんだ砂が取れないばかりか、かえって粘着材で生地が痛むこともしばしば……。

たまにシートの下を掃除していると、いつ落としたのか把握出来ていない500円玉が引っかかることもあります(^o^)

ちなみに個人的な感想ですが、1,980円で売っているような安価品だと細かいゴミを吸いとれないことがあるので、3,000円前後の商品を選べば間違いないと思います。

あっ……そうそう、私の車のトランクを除くと常に入っている物がコチラ♪

2Lのペットボトル

水!

そう、ペットボトルに入った水です!

ハンドルやダッシュボードのような掃除機が使えない部分においては、乾いた布にこの水をつけて濡らして拭いています。

他にも砂埃で汚れた窓に水をかけて多少なりとも視界を確保したり、手に油が付いてしまった時に応急で手を洗うなど多用途で活躍できるんですよ(^o^)

いらなくなったペットボトルがあったら、是非こんな感じで活用してみて下さい!

コメント