あまりにも多い夕方の事故

認知の困難なレッドゾーン

教習生の中には路上が怖くて仕方がないと言った気持ちを抱いている人が多いですね。当然他の交通が行き交う外の環境に慣れていないという部分もありますし、慣れたからと言って事故の危険性がなくなるわけでもありません。

かと言って練習しないわけにはいきませんから、この場合は朝早くの教習、次に夜の時間帯の教習をすすめています。

朝8時~9時にかけては交通量が通常よりも少ない傾向があります。通勤や通学はすでに終わっていますし、歩行者もあまり見かけません。まさに練習にうってつけの時間帯です。「そんな朝早くは眠くて……。」と言う方も多いかもしれませんが、そんな方が多いからこそ外に人がいないのです。

次点で夜です。夜も暗くて難易度が高そうですが、この時間帯はどの車もヘッドライトを点けている状態なので見通しの悪い交差点あたりは逆に発見しやすくなったりします。

問題は暗くなり始めてもヘッドライトを点けない、あるいは気づいていない車両が目立つ夕方が一番危険です。逆に完全に暗くなった夜の方が、ヘッドライトを点けなかった場合にすぐ気がつきます。

それに近年ではオートライトシステムなるものも普及してきました。暗くなるとセンサーが反応して自動で点灯と消灯を行ってくれる装置ですね。

あると確かに便利ですが、道路や建物の照明で明るくなっている場所だとセンサーが昼と感知しヘッドライトを消してしまう可能性があります。

夜間走行中のヘッドライトの消灯は無灯火として違反になってしまうだけではなく、暗くなった瞬間も点灯までに若干のタイムラグがあるのでその瞬間も非常に危険です。

自発光式メーターにも注意を

メーターの発光形態にはいくつかの種類があります。参考までに以下にまとめてみました。

①透過型メーター

透過型メーターの例(上は消灯時、下は灯火時)

多くの車の主流であった方式です。文字盤が光を透過する素材で作られ、照明スイッチをオンにすると連動してバックライトが点灯します。

光が透けるのは文字盤だけでので、文字が光っているように見える構造になっています。初めは白い文字で、点灯するとグリーンやオレンジ色になったりするタイプです。

最近では見た目の華やかな自発光式に置き換わる車種が増えてきましたが、安全性の観点からあえてこの方式を守る輸入車も存在します。

②自発光式メーター

名前の通り文字盤自体が常時点灯するタイプです。LEDの発達により、省スペースでも光量を確保できるようになった時期から爆発的に普及しました。

文字盤や針を色鮮やかに飾ることができ、常に光っていると言うよく分からない魅力が人気の要因(私も自発光式は好きですが、何が魅力かと聞かれると返答に困るため)です。

照明スイッチをオンにすると光量が暗くなります。これは昼の明るさでは光を強くしないと見えないこと、そして夜間においては光を弱くしないとまぶしくなってしまうことからこのような構造になっています。

すなわちヘッドライトが点灯していることを確認するためには、小さく表示されたインジケーターランプか照明の暗さを認識しないといけません。

③液晶ディスプレイタイプ

メーターパネルの一部、あるいは全体が液晶表示となっていものです。メーターの形状や文字盤、周辺のデザインを自在に変更することができます。

任意でアナログメータータイプからデジタル表示に切り替えることもでき、視認性の良さは特筆しています。照明スイッチをオンにすると、透過型のようにメーターリングの配色を変える機能を備えた車種も存在しますが、全体の割合としてはまだ普及には至っていません。

このなかでも特に自発光式メーターを採用している車は上記のような注意も必要です。夕方の薄暗い道路環境化でライトを点けていないことに気がつかず、相手も発見できずにガシャン!  という可能性も考えておきましょう。

このような事故は実際どこにでも起きており、私も含めてたまたまあなたではなかっただけなのです。

様々な複合要因が交錯する夕方

夕方はいわゆるゴールデンタイムとも言われています。ちょうどみなさんが帰る時間帯でしょうか。私は残業なのでほとんど恩恵のない話ですが(笑)

早く帰りたい、やっと帰れると言った気持ちは心に余裕をもたらします。余裕だけでなく、同時に油断も生まれます。

帰れる余韻にひたるだけでなく、自分が事故を起こさなくとも、巻き込まれる可能性があることも考えておくことが重要です。

コメント