学科教習

ジャッキアップの方法(画像あり)

正しいジャッキアップの方法

走行中に車の下に異物が引っ掛かって取れなくなってしまったり、タイヤがパンクしてスペアタイヤに交換したいときなどは車体を持ち上げる必要があります。このとき活用するのがジャッキです。ジャッキはテコの原理を応用しているため小学3年生の女の子でも車を持ち上げることができます。

当然ながら使い方を誤れば重大な事故に繋がる恐れがあるので正しい使い方と知識を学んでおきましょう。

フロントを持ち上げる場合

フロントの場合は車体下部を調べるとジャッキポイントと呼ばれる箇所があります。写真のような小さな窪みがジャッキポイントです。このポイントからズレてしまうと車体を持ち上げた際に重量を支えきることが出来ず、そのままパキンと折れて落下してしまう可能性があります。

窪みと窪みの中心あたりにジャッキの突起部分を合わせて固定します。付属のジャッキハンドルを取り付け、クルクル回転させるとジャッキが稼働しパンタグラフ状にジャッキが拡大していきます。

これくらい持ち上げればタイヤは外せるはずです。車体をおろす際はジャッキハンドルを逆回転させて静かにおろします。

リアを持ち上げる場合

ジャッキポイントがあればフロントと同様ですが、ない場合は自己判断せずに説明書を見たり販売店に問い合わせたりして確認しましょう。よく調べないまま適当に持ち上げてしまうと破損や落下の恐れがあり大変危険です。どうしても分からない場合はレッカー移動も視野に入れる必要があります。

-学科教習

© 2022 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5