自転車分離道路の重要性

自転車分離道路とは

写真のように自動車が走行する部分と自転車が走行する部分を物理的に分離したものです。青くペイントされている箇所が自転車専用の通行帯です。このようにパッと見ただけで区別ができるようになっています。

道路交通法上、歩道を通行することができるのは歩行者のみとなっているため軽車両(自転車)は通行できません。

自転車はあくまで“車両”ですから自動車と同じように“車道”を通行しなければならないのです。しかし現状では交通量の多い車道を自転車がすり抜けて走るような危険な状況が多いですよね。

これは日本の道路環境自体の整備が遅れているがゆえの現象ですが、だからと言って法治国家である日本において法律を無視することは犯罪です。

こうした背景から自動車と自転車の接触事故を減らすため、そして歩道の安全性を確立するために考案されたものが上記の分離通行帯です。

コメント