「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

落石のおそれありの標識の真相

学科教習

発想の転換が必要かもしれない標識

先にお見せしますがこの警戒標識が今回のトピックです。

「落石のおそれあり」の標識

学科教本には「落石のおそれあり」と記載されている標識なのですが、この標識の本来の意味を知っている人はかなり少数派です。

たとえば以下のような問題が出題されたとします。

問「この標識は落石の危険性を知らせるものなので、落ちてくる石や岩などに細心の注意を払いながら走行すると良い。」
と言ったもの……。ずばり正解は◯。
……
……と言いたいところなのですが、実はこの問題に対する正解は×なのです。

おそらく「こんな質問をしてくるくらいだから意外性のある×が正解かな。」と展開を先読みして答えられた方もいるかもしれません。

しかしこれがなんの前触れもなく試験場で出された問題なら、素直に◯と答えてしまうのではないでしょうか。

落ちてくる落石は避けられない

落石に寄り大きく変形した標識

奥多摩街道にて

万が一落石が生じた場合、みなさんは転がってくる岩のタイミングを見計らってさけることができるでしょうか。

残念ながら避けることができる確率は限りなくゼロに近いのです。

落石とは言っても石ではなく実際には岩が落ちてくるわけですから、数百キロの重さと落下エネルギーを加えると数トン以上の破壊力をもちます。

戦車ならまだしも普通の車であるならほぼ原型はとどめていないでしょう。

頭上から落ちてくる岩を発見したと同時にそれは終わりを意味します。どんなに反射神経が良くてもとっさの筋肉の反応より岩が道路上まで落ちてくるスピードの方が早いです。

注意すべきは上ではなく下を

落ちてくる岩を避けることはほぼ不可能であると述べたばかりですが、逆にすでに落ちている岩なら発見することができます。

この標識の本来の意味は「すでに落ちている岩があるかもしれないので、接触しないように気を付けましょう。ここで駐車して景色を眺めたりすると危険なのでしないで下さい。」と言ったものです。

最初の問題が×である最大の根拠として「落ちてくる石や岩に注意を払う」と言う部分がありますが、この言い回しだと頭上に気をつかっていますよね?

正解は上ではなく下ですから、このあたりのニュアンスの違いに気をつけましょう。

ちなみに震度6以上の大地震でもない限り、いきなり大きな岩がドーン!と落ちてくることはありません。

落石が生じる前には小さな小石がパラパラと落ちてきたり、地面に細かな振動がでるなどの兆候が生じます。

この標識のあるところではこうした兆候も起こりうるので、その些細な変化にも気がつけるように心がけて進行しましょう。

コメント