停止線の標識の意味

シンプルなものほど引っかかりやすい法則

学科教本には「停止線とは車が停止する場合の位置を示します。」と記載されています。

まぁそのままの意味なんですけど、これが引っかけ問題に派生すると恐ろしいほどの不正解率を叩き出すモンスターに変貌するのです。

停止線の標識

まず初めにこの標識の用途から説明しましょう。

そもそも停止線は道路上に白い線で引かれていることがほとんどなのですが、諸事情によりこの停止線が確認できない状況下に置かれることがあります。

その典型的な例が「雪」です。停止線の色は白、雪も白ですから当然ながら積もってしまうと停止線が隠れてしまい本来止まるべき位置が確認できなくなってしまいます。

これが「たまたま雪が降って隠れた」レベルならまだしも、頻繁に雪が降って積もってしまう地域(北海道とか新潟とか)ではさすがに死活問題です。

ですからこのような標識は積雪地帯特有の標識であるとも言えます。他にも路面がぬかるんでいて線が書けないような所もこの標識が活躍することがあります。

問題集から見る停止線

私が知る限りの問題では次のようなものが挙げられます。

問「この標識は停止線であるため、一時停止後、安全を確認した上で通行しなければならない。」

と言ったものです。

ズバリ正解は……

×ですよ(^o^)

この問題に対して意外なほど「○」をつけてしまう人が多いため、ここで改めて説明させて頂きます。

前述の通り、あくまでこの標識は「停止線」ですから標識単体では一時停止の義務はありません。赤なら停止位置で止まり、青なら進めるという至って普通の線です。

確かにこの標識の上に一時停止の標識がセットになっていれば一時停止の義務が生じますが、単体であればただの線です。

なんとなく問題を見ていると文章的に正しそうな雰囲気が漂っていますが、あくまで引っかけ問題なのでご注意を。

過去にこんな質問もあります

先日事務所で配車を行っている際に教習生から聞かれた質問です。

その質問とは「もし停止線の標識が雪で埋もれてしまった場合はどうしたら良いですか?」と言った内容でした。

えっ?埋もれることがあるの?

と正直返答に困ったのですが、とりあえず私は次のように答えました

「もしこの標識が埋もれてしまうことがあるのなら、おそらく地球規模で壊滅的な天変地異が起きて人類が滅亡しかけている寸前なので心配ないですよ。」と答えておきました。

するとその教習生はニッコリとしながら「ありがとうございました!」と軽やかに帰宅して行った光景を今でも覚えています。

停止線の標識自体が結構な高さに設定されているので、そこまで積もってしまうと車どうこうの話ではなくなってきてしまいますからね。

コメント