2021年最新版にアップデート中!記事は通常通り閲覧できますので是非ご活用下さい。

LED式非常信号灯(発炎筒)の使い方

この記事は約1分で読めます。

近年普及してきたLED式非常信号灯

そもそも非常信号灯はJIS規格(日本の国家規格)によって定められている携行品のひとつです。つまり国の規格に適合した発炎筒及び非常信号灯を車に積んでおかないと車検に通らないということ。

従来の発炎筒がストロンチウムを燃焼させることにより炎を出していたことに対し、非常信号灯は主にLEDを点灯させる性質上乾燥した森林部や雨の日でも使えるといった違いがあります。電池を交換すれば再使用も可能です。

【非常信号灯】


発炎筒のJIS規格

  • 燃焼時間→5分以上
  • 炎色→赤
  • 光度→160カンデラ以上

非常信号灯のJIS規格

  • 160カンデラ以上の赤色ダイオード

発炎筒は火薬を燃やすので燃焼時間の規定がありますが、非常信号灯はLEDで長時間点灯するので規定がありません。同様に発炎筒の有効期限が平均5年なのに対し、非常信号灯は乾電池さえあれば故障しない限り使用し続けられるメリットがあります。

しかしながら発炎筒、非常信号灯自体の使用用途が故障や事故発生時など良い意味で活躍するシチュエーションではないため、一概にどちらが良いのか決めるのは難しいですね。いずれにせよ何事もないように常日頃から安全運転に尽力していきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました