技能教習(第一段階)

所内における障害物への対応(画像あり)

障害物の早期発見に慣れましょう

公道を走ると様々な障害物があります。工事現場や運送会社の駐車車両など、市街地であるほど高確率で遭遇することでしょう。障害物をよける際はたくさんのリスクが発生するため、正しい判断ができるようある程度は安全な所内で技術を習得する必要性がでてきます。

障害物をよける際に必要な事項は以下の3つ。

  • 障害物を正しくよける技術
  • 対向車両の有無、タイミング
  • 周囲の環境(歩行者や自転車の動き)

とりわけ所内では「障害物を正しくよける技術」について習得していきます。

ただよければよい?

そうではありません。よけること自体はシンプルな動作に思えるのですが、障害物への距離感や角度によっては危険性が大きく向上します。最初の頃は障害物に対して水平によけることができない教習生が散見されます。上から見ると障害物に対して三角形によけるイメージです。

このような状態では車体がふらついてしまい、路上であれば右側の縁石に接触していることでしょう。この場合の多くはハンドルを多く回していることに原因があります。多く回すぶん、戻す量も増え、さらには目線が障害物に集中しているので水平が分かりません。

慣れないうちは目線が近くに向きがちなので、必然的に見ている方向に近づこうとします。そのため本来障害物をよける位置よりもさらに障害物に近づいた状態からハンドルを回し始めるのです。つまりは急角度!角度がきつければハンドルを回す量が増えるのは必然です。

理想的なよけ方は障害物に対して水平によけることです。このとき不意なドアの開閉による接触を避ける為、最低でも1.5mは障害物から離れましょう。

これを実現させるためにはなるべく手前から障害物をよけ始めることです。

  1. 障害物の認知
  2. 対向車両の確認
  3. 周辺環境の確認(歩行者や自転車)

これらを早めに把握し、よける環境が整えば早めに障害物をよけてしまいましょう。ちなみに早すぎてもいけません。ゆるやかに弧を描くような角度で、なめらかなハンドル操作を心がけましょう。その際は移動する方向への安全確認(目視)を忘れないようにして下さい。

-技能教習(第一段階)

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5