S字とクランクのコツ(最新版)の画像をリファインしました。

障害物への対応(所内編)

技能教習(第一段階)

障害物の早期発見に慣れましょう

今回は第一段階における基本対応が中心です。基本がしっかりしていないと、路上に出た際にパニックになり正しい判断ができなくなる可能性があります。

何事も自分の為だと思ってマスターして下さい。教習所のコースの中には障害物に見立てたオブジェクト(コーンや縁石)があるはずです。

これらは干渉しないようにただよければいいだけに見えるのですが、そのシンプルな行動も初めて実践する人にとっては大変な作業です。

まず障害物に対して水平によけることが出来ませんね。離れるか戻るかのどちらかです。

上空から見ると障害物に対して三角によけるようなイメージですね。

水平によけられない

このような状態ではハンドル操作がふらついてしまい、安定してよけられません。

ではどうすれば改善されるのでしょうか。その秘訣は障害物をよける際のハンドルのタイミングにあるのです。

教習所に通う大多数の人は障害物に近づいてからよけようと動きます。その動きが直前になればなるほど急角度でよけなければならず、ハンドル操作も無駄に多くなってしまいます。

そのため戻す際にもハンドルの回転力が追い付かず、結果としてふらついて走行してしまうのです。

理想的なよけ方は障害物に対して水平によけることです。このとき不意なドアの開閉による接触を避ける為、最低でも1.5mは障害物から離れましょう。

22

早めのハンドル操作で安定したよけ方を

さきほど障害物に対して早めによける準備をすることが大切だと述べました。そのためには視線の先の障害物をいち早く察知する能力が不可欠です。

教習所の中では滅多なことがない限り移動しない障害物をよけるために機械的な作業になりがちですが、これが路上になると障害物は不定期に発生します。

道路工事であるとか、宅配便のトラックであるとか様々なものが障害物としていつ発生するのか分かりません。

このような環境下でもスムーズに障害物を発見する能力があれば対応が迅速に行えます。

特に路上教習では対向車の動きが重要になるので、それらを判断する時間を考えても早いにこしたことはないのです。

日頃から目線を遠くに向けて、危険をいち早く察知しようとする意識が大切ですね。

コメント