2019年最新版にアップデート中

坂道発進を行う場面

教習所で行う坂道発進

今回は技能教習第一段階で行う坂道発進の説明です。坂道の途中で停車し、ハンドブレーキをかけて行うアレですね。AT車ではクリープ現象(ブレーキを離すと勝手に前進する)の影響で角度の浅いスロープ程度ではハンドブレーキをかけなくても簡単に坂道発進を行えてしまいます。

ですので教習所で行うハンドブレーキによる坂道発進は見方によっては大袈裟に映ってしまうかもしれません。後述しますがこのハンドブレーキによる坂道発進は言うほど大袈裟ではなく場面によってはかなり重要な技術です。その場面がなかなか訪れないだけであ不必要と言うわけではありません。

MT車の場合はAT車と異なりブレーキを離すとスルスルと後方に下がってしまうので、ハンドブレーキを使う意味合いはかなり大きくなります。上達すると微妙なクラッチ加減を利用してハンドブレーキをかけなくてもスムーズに発進できるようになります。

日常的に潜む急な勾配

教習所の坂道は通常よりも角度が強く設計されているため場合によってはAT車でもブレーキを離した瞬間に後方に下がることがあります。ただ正直に申しますと、これだけの急な坂道は日常生活においてあまり見かけません。ですから日頃からハンドブレーキを使わなくともAT車なら平気という固定概念が徐々に構築されていきます。

そうなってしまうと当然ながらハンドブレーキを利用した発進なんてしなくなりますよね。人間は癖であればルーチンとして繰り返しますが、面倒くさい動作はいずれやらなくなります。日常生活においてやらなくなったことを必要な場面で都合よく思い出して行動に移せることなんて滅多にありませんしね。

坂道の事故は買い物のときが多い

立体駐車場のスロープ

さきほど急勾配の話をしましたが、実はこれと同レベルの坂道が至るところに存在します。その代表例がショッピングモールやホームセンターの立体駐車場です。ららぽーとやイオンのような店舗ですね。よく監察している人なら気づくかもしれませんが、買い物をするフロアーと駐車場の階数が微妙に合わなかったりしていませんか?

自分(ショッピングエリア)は3Fにいるのに駐車場はなぜかスロープを半分くらい上がった3.5Fにあるとかね…。これは買い物をするフロアーと駐車場の天井の高さが異なることが原因です。買い物をするフロアーは解放感を演出するために意図的に高く設計しています。

一方で駐車場は解放感よりも収容能力にウエイトを置いているので天井が低く設計されています。そのため各階層のフロアーに微妙なズレが生じるのです。収容能力は面積にも依存しますので、少しでも多くの駐車スペースを確保するためにスロープはかなり急に設計されています。

土日や祝日のように駐車場が混む時期ではスロープ部分で止まざるを得ない状況が発生しうるのですが、この部分の角度がかなり急であるため油断をしていると後ろに下がってしまうのです。普段下がることがないためこの環境下に置かれても下がっていることに気がつきません。

周囲を見ていればかろうじて気がつけるのですが、大抵の人は爪をいじくったりボケーっと景色を見たりしています。そしてたどりつく結末は……ガシャン!おそらくどこのショッピングモールも1日1台くらいはぶつかっていると思います。

「えっ!そんなに多いの?」と思われるかもしれませんが、高速道路で発生する大規模な事故とは異なり、ショッピングモールで生じるような小さな事故は基本的に公開しないので知らないだけです。次は我が身という構えで日頃から気をつけておくような習慣が大切でしょう。

コメント