技能教習(第二段階)

踏切内における最悪のケース

踏切でのトラブルは死に直結する

踏切事故が発生する最大の要因が判断ミスと言われています。

  • 前方が混んでいるのに進入してしまう
  • 道路と誤って線路に進入してしまう
  • 踏切外への脱輪

おおまかな事故事例はこんなところです。踏切の恐ろしいところは高速道路上での事故と同様に死亡事故に繋がりやすいこと。特に踏切内での立ち往生は最悪の事態です。非常停止ボタンが間に合わなければ人生終了の狼煙があがります。

前のスペースを確認してから進入すること

踏切では必ず前方のスペースを確認してから進入して下さい。踏切の先の前走車が動きだしたからと言って、同時に動き始めるのはやめましょう。万が一何らかの理由で前走車が動かなくなってしまった場合に自分の車が踏切内に留まってしまう可能性があります。

以前このような経験がありました。

友人が運転する車の助手席で優雅にジャイアントカプリコを食べていたときのことでした。ある踏切に進入した際に、たまたま前の車が大型バスを譲ってしまって動かなくなってしまったのです。ようするに自分たちの車が踏切内から出られなくなりました。

  • 今踏切が鳴ったらどうしよう
  • 人生初の非常ベルを押すことになるのか
  • 電車を止めた際の賠償は?

このとき様々な不安要素が襲ってきました。おそらく私よりも当事者(運転手)である友人のほうがパニックになっていたかと思いますが、非常停止ボタンを押せる環境にいるのは間違いなく私なので「嫌な役目だな」と思いながら突っ立っていた記憶があります。

たまたま電車の本数が少なかった時間帯であったことが幸いし、結果的には前の車が動いたので事なきを得ましたが、これが日中の本数が多い時間帯だったらと思うとゾッとします。体験談からも踏切におけるスペースの大切さを考えて頂ければ嬉しいです。

-技能教習(第二段階)

© 2021 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5