「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

第二段階技能教習の心得

技能教習(第二段階)

学ぶのは円滑性と判断力

修了検定と仮免学科試験に合格すれば晴れて路上ドライバーの仲間入りとなります。

しかし路上を走る権利を得たと言うことは、それなりに路上を走る能力がなければリアルな事故に遭遇するリスクが大いにあると言うことです。

「初心者だから守ってほしいな」「初心者だから最初は下手だ」と言った甘えの思想は残念ながら通用しません。

確かに守ってほしい気持ちは分かるのですが、人間10人いたらその10人が全員優しいわけではありません。

逆に「運転できてるから外にいるんでしょ」「運転ができないのなら外にでてくるな」と思われるほうが普通です。

初心者にとっては過酷な環境でありながら間違いは許されません。その間違いがそのまま事故に直結するからです。

環境慣れすることが先決

歩いていた頃は何も感じなかったのに、いざ車のハンドルを握って路上に出ると別世界のような光景が広がります。

やっと路上に出られた達成感と、これから起こりうる好奇心、それに比例して積み重なる不安……心の状態は所内以上に激しくフル稼働しています。

あえて感情を殺して不安を抑制している人もいますが、そのような人は揃ってこのような↓↓↓顔をしています。

この真顔AAを使っていて分かったのですが、これって教習所業界の為に存在するAAと言っても過言ではないでしょうか。

汎用性高すぎ!笑

話はそれましたが、所内教習と路上教習の決定的な違いは「他者の存在」があることです。外の道路環境とは完全に隔離され、バイクでさえもすり抜けを許されない完全なる守られた空間である所内とはわけが違います。

まずは気持ちの整理です。「ちゃんと外走れるかなぁ」ではなく、「ちゃんと走らなきゃ」と前向きに考えるようにしましょう。

最初の頃は隣で指導員が助けてくれます。速度超えた、ハンドルミスった、慌てて暴走した、ぶつかりそう、何が何だか分からない……万が一これらの事態に陥っても全力で助けます。それが我々の仕事です。

しかしいつまでも隣に乗っているわけではありません。卒業後はすべて一人で判断しなければならず、そのたった一つの判断ミスが重大事故に繋がるのです。

「もし隣に指導員がいなかったら」と言うことを常に念頭に入れ、技術と判断力を磨くために積極的に練習を重ねていきましょう。(継続は力なりとはまさにこのこと!笑)

技量向上よる円滑性

運転に慣れていないとすべての動作にロスが生まれます。予期せぬところで力が入ってしまったり、自分の前を見ることだけで精一杯で他の情報を読み取ることができないなど色々なパターンがあります。

特に視線は重要です。近くばかりを見ていると、当然ながら前方から迫る危険の発見に遅れ、ハンドル操作やブレーキ操作が唐突なものになってしまいがちです。

初めの頃はどうしても目線が近くを向きがちになるので、とりわけ歩道から飛び出てくる自転車の動きを予測できない人が多いです。

ほとんどが人が普段自転車に乗っているときは自由奔放な走りをしているわけですから、逆の立場になれば想定できる範囲です。

技術はハンドルやアクセル、ブレーキだけではなく、視線移動による観察力、それに伴う判断力も含んでいることを理解しましょう。

とりあえず乗ることが大切

皆さんのご両親の運転を見てこう思いませんか?

単純に「うまいなぁ…。」って。それも考えてみれば当然のことで、皆さんのお父さんやお母さんはそれこそ何十年何百回何千回と運転をしているわけですね。

それだけ数をこなせばほぼ何も考えなくても体が勝手に動くようになりますよ。ピアノだって1日も休まず10年ひいていれば目を瞑っても演奏できるのではないでしょうか。

しかし練習を初めてから2日や3日ではそうそう体に染みつくものでもありません。「数こそ正義」と言われるように、回数を重ねることで動作に安定性が生まれたり、精神的な不安を取り除くことができるのです。

ですから皆さんもたくさん運転して数をこなせば、ちゃんとスムーズに運転できるようになりますよ。

反面、慣れは注意力の天敵でもあるので、いつまでも他の交通や歩行者に対して「今飛び出してこないかな?」「あの死角に隠れていないかな?」と言った疑いの心を持つことを忘れないで下さい。

コメント