2秒先を読む運転

初心者と経験者の相違点

路上教習に出てすぐの教習生と、何年、何十年と経験を重ねたドライバーとは決定的に異なる部分があります。そのひとつが「先を読む能力」の有無です。

路上に出て間もない人は、絶えず前を見ながらその状況に応じてブレーキを踏んだりしてなんとか走っている状況です。厳密に言えば前と言うよりかは前の車のトランクかナンバープレートあたりを見ている感じですね。

そこをじっと眺めながら走行していると、前方の車が左折のために急にブレーキを踏んでもすぐに対応できません。そしてなぜか様子を見てしまい、肝心のブレーキの方にはしっかりと力が加わっていないのです。

おそらく教習生の頭の中では前の車が曲がり終えたタイミングを見計らってブレーキを軽く踏んでいるのだと思いますが、もし仮に何らかの要因で前の車が止まってしまった場合はおそらく間に合わないでしょう。

つまり目の前で生じた一過性の出来事ですべてを判断してしまい、そのあとに何が起こり得るかの予測までには至っていないということなのです。

一方で運転経験の長いドライバーの運転を見ていると、こうした場面では比較的早めにブレーキを踏んでしっかり速度を落としています。

そして前に走っている車だけではなく、そのさらに前に走っている車の動きを観察しながら、総合的に次の動作を予測しています。

ようするに少し前の方を走っているトラックの動きが遅くなってきたのなら、いずれ前の車もブレーキを踏むことになるからアクセルは踏まないでいようと言った未来を予測した行動のことです。

これが出来るようになれば一人前ですが、これを習得するためには度重なる練習が不可欠となります。

たった2秒で何ができる

2秒と聞くとかなり短い時間に感じられますが、実際は2秒もあればかなりの状況に対処できます。

おそらく日本全国で生じている追突事故に関しても、あと2秒早くブレーキを踏んでいれば助かったという事例は非常に多いですね。地震が起きて2秒もあれば机の下に隠れたり、ガスのスイッチを切ることも出来ます。

逆にたった2秒の見落としでも致命傷に繋がることがあります。時速40キロで走行中、しっかりと22m以上の車間距離をとっている場合においても、2秒間、ナビの画面を見ている隙に前方の車が急ブレーキをかけてしまえば気づいた時にはガシャン!とぶつかっているはずです。

多くの事故は一瞬で起きます。それこそ「あと何秒かずれていれば助かったのに……。」という事故がほとんどなのです。

この先に起こり得る2秒間を常に先読みすることが出来れば、飛び出しや見落としを含む多くの事故を防ぐことが可能なのです。

コメント