技能教習(第二段階)

数秒先を予測する運転が事故防止に効果的

初心者の運転にありがちな行動

路上教習を始めたばかりの教習生と、何十年も経験を重ねたドライバーとでは決定的に異なる要素があります。そのひとつが先を読む能力、つまり予測運転です。慣れていないうちは目の前のことで精一杯になってしまうため、現在起きている危険に対してのみ意識が働きがちになってしまいます。

目線も前方を走行している車のトランクかナンバープレート、人や自転車の動きに集中しているため、「今ここの道路の制限速度は何キロでしょう?」と質問をするとなかなか答えられない教習生が過半数を占めます。ようするに標識を確認するまでの余裕が現時点ではないということになりますよね。

とりわけ早い段階で意識して頂きたいのは「人が飛び出してきた!危ない!」ではなく「人が飛び出すかもしれない!構えておこう!」という予測の意識です。そもそも人が飛び出してきてから急ブレーキで対処するのと、事前に危険を予測しておいて低速で走行するのとではリスクが違います。

例えばですが教習中に多く散見される現象のひとつに前方左折車における対応の仕方があります。前方左折車が曲がり始めたときに当然ながら自車も速度を落としますが、なぜか前方左折車がそのまま曲がり切ることを前提にして速度を維持してしまう傾向があるのです。

しかしながら前方左折車も後方から歩行者や自転車が迫ってくれば止まってしまう可能性があるはずです。それが想定できていないので、いざ前方左折車が急停止するとブレーキが間に合わなくなり、右にハンドルを傾けて回避行動を取ろうとします。これは本人が考えている以上に危険な行為です。

そもそも右に振って走行すること自体が他車にとって迷惑であり、仮に交差点付近を走行していて右側にも車がいた場合は接触事故を起こしてしまいます。つまり目の前の一過性の出来事ですべてを判断してしまい、周囲の状況変化に追いつけていないのが初心運転者の行動と言えるでしょう。

もちろん何事も最初は仕方ありません。こればかりは練習を繰り返して慣れていくしかないので、地道に努力を続けて「予測能力」の早期習得に尽力しましょう。

運転上級者の先読み能力

運転経験の長いドライバーは「起こりうる可能性のある危険」に対して効率よく対処している傾向があります。もちろん個人差や能力差、運転に対するモラル意識の違いもあるので、運転経験が豊富だからといって一概にも安全とは言えないことが大前提です。当然ベテランでも事故を起こします。

「起こりうる可能性のある危険」は様々な経験から事故の生じるリスクを多方面から推測することで予知し、未然に防ぐことができます。例えばインフルエンザにかかりやすい体質の人はかかる前にワクチンを打つことで自らを防衛するはずです。これも実際に起こるとは限らない「可能性」への対処です。

そしてこの対処を確実なものにするためには、目の前のことだけではなく数秒先に何が起こるのかも把握しておく必要があります。「前の車が急にブレーキをかけるかもしれないから距離を空けておこう」という発想も、数秒先に起こりうる危険に大して万が一の保険をかける行為のひとつです。

万が一を想定しておけば不測の事態に陥ることがありません。なぜなら不測の事態は想定外の事情だからこそ生じることであり、万が一を想定していた場合はそれ自体も想定内になるからです。ですから目の前に人がいなくても、数秒後には人が出てくるかもしれないと予測して運転することが大切です。

-技能教習(第二段階)

© 2022 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5