方向変換・縦列駐車

技能教習(第二段階)

方向変換のコツ

方向変換とは車を枠の中に後退で入れ(①)、元来た道の方向に戻る(②)教習です。枠の中に入れて終了する駐車とは若干意味が異なります。

ちなみに教習所で行う方向変換は、難易度の低い下記の向き(運転席から縁石の見える右旋回バック)でしか試験を行いません。

これから指導員資格取得を目指す人は運転席から縁石の確認が出来ない左旋回バックで試験を行います。

方向変換イメージ図

①目標とする縁石の角を確認する

まずは運転席側の窓を開け、一番手前の縁石の角に目線を置きます。ちょうどオレンジ色に照らした範囲ですね。コツは窓を開けてしっかりと縁石の角を覗きこむように確認することです。

とにかく縁石の角が見えないことには方向変換は成立しません。

初期位置での目線

②右後輪と縁石の角の位置を把握する

次に車体右後輪の位置(赤部分)を確認します。この後輪部分が縁石の角ギリギリを通るようにハンドルで調整していくのです。

イメージは下記図の赤(右後輪)と赤(縁石の角を)を近づけさせる感じですね。

右後輪と縁石の位置

③ハンドルを回しながらゆっくりとバックする

ブレーキを踏みながら徐々にバックしていきます。時速1キロ以下で下がることを意識しましょう。

最初はゆっくりとハンドルを回し(1回転ほど)、見切りをつけて「今だ!」と思ったらハンドルを全部(急旋回)回します。ちなみにこの段階ではハンドルを右にしか回しません。

急旋回のイメージ

タイミングが合えば右後輪と縁石の角が接触スレスレのラインで通過すると思います。このとき縁石に接触してしまった場合は急旋回を行うタイミングが早かったのです。

逆に縁石から離れてしまった場合は急旋回を行うタイミングが遅かったと言えます。あとはハンドルを回すタイミングを数秒早めたり遅めたりすることで調整しましょう。

④車体を水平にし枠内におさめる

車体が枠に対して水平になったらピタっと止めます。あとはハンドルを真っ直ぐに戻し、ゆっくりとバックするだけです。ここで「もう少し…もう少し…」と頑張りすぎてしまうとポールに接触してしまいます。

後方のポールに注意

⑤元来た方向に出る

無事に枠の中に入ったら、元来た道に戻るように出ましょう。この場合内輪差を意識してハンドルを回さないと、左後輪が縁石に乗り上げてしまうことがあります。

内輪差に留意しながらハンドルを回す

⑥車体の向きを整える

下記図のように出られれば合格です。ちなみに枠の中に入っただけでは終了したことになりません。試験官がわざわざ「ハイ、行きましょう。」なんて言わないので、自発的に枠から出るようにして下さい。

完了状態

方向変換で一番おさえておきたいポイントは、ハンドルを急旋回させる為の的確なタイミングを掴むことでしょう。手順については何回も繰り返しているうちに覚えてしまいますからね。

縦列駐車のコツ

縦列駐車は都心部でよく見かける駐車形態です。幹線道路の脇に設置されていることが多く、的確かつ迅速に駐車を行わないと渋滞の原因となってしまう可能性があります。

まずは下記図の位置に車を誘導しましょう。どの地点に誘導するのかは各教習所の指示に従って下さい。

初期位置

①所定の位置までバックする

まずは簡易的に2つのポールの位置(①と②)を覚えましょう。この2つのポールを主体として縦列駐車の方法を伝えていきます。

まずは運転席から見てこの位置に①のポールが来るように誘導します。教習車の一番後ろの窓ガラス(開かないガラス窓)の中心あたりに見えれば大体はOKかと思いますね。

②ハンドルを左に全回転しゆっくりとバックする

次にハンドルを左に全回転し、②のポールが見えるまでバックします。

運転席から見るべきポール

この際、窓から顔を出してポールの位置を確認しましょう。コツは②のポールが見えたらすぐに車を止めることです。これがずれてしまうと今後の停車位置に大きな影響が出てしまいます。

③車体左先端部とポールを合わせる

車を止めたらハンドルを真っ直ぐにし、ゆっくりとバックします。ちょうど車体の左前方先端部が①のポールと並んだ位置で車を止めて下さい。

車体先端部とポールを合わせる

④ハンドルを右に全回転しゆっくりとバックする

あとはハンドルを右に全回転させるだけです。このまま水平になるまでゆっくりとバックすれば、無事に枠内に車を誘導させることができます。

完了状態

縦列駐車で一番おさえておきたいポイントは、目標とするポールに対して車をピッタリと停止させることです。その為には停止目標とするポールの位置をしっかり把握しておく必要があります。

コメント