路側帯と車道外側線

教習卒業時まで使う基本知識

「路側帯」と「車道外側線」……どちらも道路上における白線のひとつですが、その役割は両者で大きく異なります。

どちらも道路上で停車する際は覚えておかなければならない知識であり、間違えた認識をしてしまうと当然道路交通法違反の対象となります。それでは両者の役割を以下で比べてみましょう。

歩道のない方が「路側帯」

路側帯%e8%b7%af%e5%81%b4%e5%b8%af

写真のように道路左側にある線を路側帯と言います。

路側帯の役割を簡単に説明すると、歩行者と軽車両(以下自転車)のみが通行できる部分を言い、白線より左側は歩行者と自転車以外は進入できないことを意味するのです。この場合、自動車の停車方法は以下の通りです。

路側帯での駐停車方法%e8%b7%af%e5%81%b4%e5%b8%af2

このように白線の中には入らずに停車をします。ちなみに踏んでもNGです。自動車は歩行者でも自転車でもないため進入できません。

歩道がない道路ですので歩行者はこの路側帯の中を歩道代わりに使うようなイメージですね。

歩道がある方が「車道外側線」

車道外側線
この写真では左側の白線のすぐ横に歩道があります。これは路側帯ではなく車道外側線という分類で、あくまで車道ですから自動車もこの中を通行することができます。

基本的に歩行者は歩道を通行するので、歩道に沿うように自動車を停めても問題はないことになります。

自転車もこの歩道と白線の間を通行することになりますので、停車をする際は後方から来る自転車などを巻き込まないような注意が必要です。

車道外側線における自動車の停車方法は以下の通りです。

車道外側線での駐停車方法%e8%bb%8a%e9%81%93%e5%a4%96%e5%81%b4%e7%b7%9a2

ご覧の通り白線の内部に入って停めていますね。車道外側線の場合は白線を越えて歩道に沿うようにして停めるのです。

この時点で白線を踏まない路側帯と、踏んで白線の中に入る車道外側線とで大きく区別されていることが分かります。

教習や試験では確実に見られる部分

教習教習や技能試験において、路側帯と車道外側線の区別は必須事項です。むしろ路上教習序盤で覚えておかなければならない基本中の基本です。

これができないと路端停車を指示された際にうまく停車できません。もちろん検定でも合格基準のなかに含まれているので、路側帯で線を踏んでいないか、あるいは車道外側線の場合は線の中にしっかり入っているのかを確かめます。

頭で理解できているだけでは駄目です。技能検定は実際に踏んでいるか、いないかの結果論で判断します。もちろん線を踏んでいる気では点数になりません。

これは本人が道路上の白線に対する知識を持っているのか、それに見合った技量を持っているのかを測るために行います。いくら寄せた気になっても、実際に寄れていなけれ技量面で若干の不足があるという認識です。

これが顕著に表れるのが左折時の車道外側線です。路側帯の時はさほど問題がないのですが、車道外側線の時にうまく白線を越えたまま進行できない人が多いのです。

最初は線の中に入って進行しているのに、左折直前になると段々歩道から離れていきます。そして最終的にミラーに白線が映った状態で左折に入るのです。

ミラーに映っているということは白線の中に入っていない証拠です。踏んでいればまず見えないはずですから。

おそらく後輪が内輪差でこすってしまうのが怖くて無意識に離れてしまうのかもしれませんが、検定員はもちろんこの瞬間を見逃しません。

タイヤをこすってしまう一番の要因はハンドルの回し始めが極端に速い場合がほとんどで、寄せすぎてこすってしまうことはあまりないのです。

さすがに歩道ギリギリまで寄せる必要はありませんが、しっかり左側に寄せるんだと言う意識は重要です。

コメント