ハイビームの役割と使い方

ハイビーム、ロービームとは

ヘッドライトの向きを表します。ハイビーム(上向き)は100m先を照らすことができ、ロービーム(下向き)は40m先を照らすことが出来ます。イメージは以下の図を参照して下さい。

見ての通り、ハイビームってほぼ直線上にライトを照射するのでめっちゃ眩しいんですね。ですからほとんどの人が下向きのロービームを日常的に使っていると思います。

意外と知られていないのですが、実は日本の法規上(道路交通法)はこの眩しい方のハイビームが基準となっています。

それなら「ハイビームを使わなければ違反になるのか?」と疑問に思われるかもしれませんが、そうでありません。

一応道路交通法上でも「市街地や人口密集地では相手が眩しくならないように前照灯を下向き(ロービーム)にしましょう。」と記載されている為、ロービームを常に使用したからと言って警察に捕まると言ったことはありません。

ハイビームの役割

遠くを照らす

人口の多い都市部では迷惑なハイビームも、人口の少ない地域や街灯の乏しい高速道路(特に中央自動車道)、深夜の曲がりくねった山間部などにおいて非常に重宝します。

但し、対向車やこちらに向かって歩いている歩行者を発見した場合は、眩しすぎて迷惑をかける恐れがあるのでロービームに戻してあげましょう。

対向車への合図(パッシング)

対向車に道を譲る場合などに利用します。しかしながらパッシングという行為は「お先にどうぞ!」と「自分が先に行くからね!」という2つの相反する意味があるので、相手がどのような使い道でパッシングをしてきたのかを把握しておく必要があります。

そもそもなんで、意味を履き違えたら事故に繋がるような逆の意味を持たせたのか意味不明です。「お先にどうぞ!」だけでいいのでは……?

ハイビームの使用方法

国産車であるなら下のようなレバーがハンドル横についているはずです。このレバーは普段みなさんが方向指示器として使っているレバーで、上に上げると右合図、下に下げると左合図が作動します。

これをひねると前照灯(ヘッドライト)が点灯します。写真でOFFの部分が消灯、「-」の部分が車幅灯、懐中電灯みたいなマークの部分が前照灯です。

前照灯を点灯させるとメーター内はこんな感じです。

さらにこの状態で、方向指示器を奥に倒すとハイビーム、手前に引くとパッシングになります。ほら、メーター内にブルーのマークが浮かび上がりましたよね。これがハイビーム作動中のサインです。

ハイビームの場合は自分でレバーを戻さない限り、常に上向き状態を維持します。

一方でパッシングの場合は、方向指示器が自動的にバネで戻るために、手前に引いている時間のみが上向きになります。

コメント