「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

タイヤにワイヤーが見えたら要注意

運転上達

タイヤのワイヤーとは

タイヤの強度や形状を維持するための骨格のようなものです。人間で例えるなら体の部分がタイヤゴム、骨がワイヤーと言ったところでしょうか。

通常はゴム内に隠れていて見ることは出来ないのですが、劣化による亀裂や激しい磨耗によってその姿を表すことがあります。

人間でも重度な怪我をすると骨が見えることがありますよね。つまりタイヤにとっても骨格たるワイヤーが見えると言うことは非常に危険な状態であることを意味するのです。

通常、ワイヤーが表れるのはタイヤと地面が設置する面の部分(溝がある)なのですが、教習車のよう(※1)特殊な使用条件の場合は側面から見えることもあります。

(※1)所内の教習では乗り上げや接輪が頻繁に発生するため、側面が削れてワイヤーが見えることがあります。逆に後輪は接輪よりも乗り上げの方が多いので前輪ほど削れることはありません。

教習車のタイヤ交換

朝、洗車をしようとしたら左前輪のタイヤ部分に謎の模様が……。接輪した跡にしては妙に綺麗な円を描いていたので、とりあえず調べてみることにしました。

模様の拡大

よく見るとワイヤーですね。左前輪は教習中にけっこうな頻度で擦るので、その積み重ねでサイド部分からワイヤーが露出したのでしょう。

このままだとバースト(破裂)の危険があるため、教習が始まる前に交換作業に入ります。

ワイヤー拡大写真

トランク内からジャッキとスペアタイヤを取り出します。教習車のスペアタイヤは簡易的な物(いわゆる黄色いテンパータイヤ)ではなく、普通のタイヤを積んでいるので交換後もそのまま使えます。

ただ場所によっては応急用のテンパータイヤを積んでいる教習所や、プリウスのようにスペアタイヤではなく応急パンク修理キットを積んでいる場合もあります。

トランク内のジャッキスペース

ジャッキポイント(各車の説明書に記載)に合わせてジャッキをかませます。あとはクルクル。

このジャッキはテコの原理で車を持ち上げるので、小学6年生の女の子でもジャッキを回しさえすれば軽々と車体を持ち上げることが出来ます。

持ち上げた様子

新しいタイヤと交換しました。スペアタイヤには新たに発注した新品のタイヤを使用します。

新品のタイヤと交換

タイヤは早めに交換を

タイヤは使わなくても時間が経てば劣化します。劣化して脆くなったタイヤは弾性がなくなるため亀裂が入りやすく、上述のようなワイヤーの露出が発生しやすくなります。

タイヤに限らずワイパーゴムやモールなどのゴム類は何もしなくても劣化はするものなので、定期的にメンテナンスをし、場合によっては交換をすることも視野に入れておきましょう。

ちなみにワイヤーが露出した状態でタイヤに起因する事故(バーストによる破片の飛散や脱輪による人との接触事故)が発生すると、その所有者に対して整備不良として罰則が発生します。

「知らなかった。」は通用しない世界ですので、タイヤは頻繁にチェックする習慣をつけておいた方が良いですね。

コメント