「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

運転中の靴ひもの危険性

運転上達

事故事例のある危険な落とし穴

「まさか靴ひもが引っかかるなんて……。」

福島県で事故を起こした30代の女性は自分が起こしてしまった事故に肩を落としていました。

この事故は福島県のとある交差点で、夕食の買い物を済ませた30代の女性が前方の信号が赤色に変わったことを確認し、ブレーキを踏もうとしたところ靴ひもがブレーキに引っかかってしまい減速できずに電柱に突っ込んでしまった事故です。

靴ひもがブレーキに引っかかった状態の再現

このような形になってしまうと、つま先をブレーキの上に置くことが困難になり、人によってはパニックを起こしうる危険な状態へと繋がってしまいます。これぞまさに不測の事態!

しかしながら靴ひもがひっかかることなんて3年……いや、5年に一度あるかないかぐらいですので、いざ靴ひもが引っかかってしまうと本当に焦るんですねwww

私も先日初めて靴ひもがブレーキに引っかかりめちゃくちゃパニックになりましたよ(笑)その時は靴ひもを強引にほどく勢いで強制的にガバって持ち上げましたけど、あのまま何もしなかったらと思うとゾッとします。

ブレーキに引っかかった直後の靴ひも

引っかからないように短く結び直した状態

車の運転に運動靴は非常に便利なものですから、この靴ひもが引っかかるリスクはゼロではありません。当然不測の事態に備えることも重要ですが、なるべく不測の事態を起こさないようにする心構え(準備)も大切ですね。

コメント