コロナウイルスに関する情報

運転中の靴ひもの危険性

意外と怖い靴紐の存在

運動靴ならほとんどついているであろう靴紐。これが運転中に引っかかてしまうととんでもなく恐ろしい状況に陥ります。例えば足が移動できなくなったりブレーキが踏めなくなったりとかね…足元の自由を奪われるということは速度の調整ができなくなることに直結します。

靴ひもがブレーキに引っかかった状態の再現

これぞまさしく不足の事態!このような形になってしまうと足裏をブレーキの上に置くことが困難になり、人によっては「ブレーキが踏めない(゜ロ゜;」とパニックを起こしてしまう恐れがあります。私も先日初めて靴紐がブレーキに引っかかりめちゃくちゃパニックになりましたよ(笑)

その時は靴ひもを強引にほどく勢いで強制的にガバって持ち上げましたけど、あのまま何もしなかったらと思うとゾッとします。

ブレーキに引っかかった直後の靴ひも

引っかからないように短く結び直した状態

車を運転するにあたり、運動靴ほど運転に適した履物はないと言えます。ですからこの靴紐がペダルに引っかかってしまうリスクはゼロではありません。当然不測の事態に備えることも重要ですが、なるべく不測の事態を起こさないようにする心構え(準備)も大切ですね。

コメント