「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

車の左側の感覚が掴めません

質問回答

近いところを見ていませんか?

日本は左側通行です。そのためハンドルは右側についています。シートが右側にあると、どうしても左側の景色が遠くなるために感覚を掴みにくいのです。

運転を始めて間もない人は、なんとか左側の感覚を掴もうとボンネットの左端に(ほぼ無意識に)視線を向けてしまいます。

実はこの行為がいつまで経っても左側の感覚を身につけられない最大の妨げになっているのです。

右は見えるけど左は見えない……、これは情報を視覚に頼っているがための特徴的な意見と言えるでしょう。運転の上手い人はまず近くを見ません。

例えば自転車を運転する際にカゴを見ながら走行するのでしょうか?

そうではなくて行きたい方向に視線を向けながら運転していますよね。具体的に言えばボーリングの球を転がす際にどこを見ているのかを想像して頂けると分かると思います。

基本的に運転は近くではなく遠くを見ることが基本です(´・c_・`)

芝猫
芝猫

それでは近くが見えないからぶつかるのでは?

こうした意見も出てきそうですが、これは遠くだけを見るという意味ではなく、遠くに目線を置いて視野を広げましょうという意味です。

見えないところは見えるときに見ておく

車の最大の死角は至近距離です。運転席から見える景色は最低でも4m以上先と言われています。

もし仮に停止線が目の前で見えていいるとするならば、それは少なからず車の位置が停止線よりも4m手前であることを意味するのです。

これはどのような景色であれ近づけば確実に死角のなかに入ってしまいます。

こうなるといくら目を凝らしても見ることはできません。それこそ透視能力でもない限りは。

この行為を運転初心者の方は延々と行っているのです。これでは先の道路形態を把握することができず、ハンドルよりも先に車が到達してしまいます。

頭のなかでは理解できていても、脳が次の動きとしてそれらの処理に追いついていけません。

見出しにもある通り、いずれ見えなくなる景色は先に見ておき、道路の形状を認識しておくことが大切です。

こうしておけば見えなくなってもなんとなく位置取りを把握することができます。一時的な記憶という意味では神経衰弱というトランプゲームのようなものですね。

近くではなく道路形状の全体像を把握することで、次の行動を予測しやすくなります。運転は直前で対応するのではなく、ある程度手前で対応していくスタイルが正しいのです。

コメント