学科教習

車の日常点検と定期点検

日常点検

路上教習の最初の時間で必ず行うのか日常点検です。すぐに路上に出なければならない都合上時間をかけて教えることは出来ませんが、エンジンオイルやバッテリー液の確認、タイヤの空気圧など全シーズンを通して役に立つ知識は少なくとも得ることが出来ると思います。

特に夏場や冬場の突然のトラブルは避けたいですよね。日常点検は簡単な割には確認箇所が多いため、各自でチェック表を製作して印刷しておくと便利です。教習所合格データベースでは1年を通して使える日常点検チェック表」を配信しておりますので是非ご活用下さい。

日常点検チェック表(PDF)

教習で行うおおまかな点検の内容は以下の通りです。

  • エンジンオイルの量/色
  • バッテリー液の量
  • ブレーキ液の量
  • ウォッシャー液の量
  • 冷却水の量
  • タイヤの溝の深さ/摩耗/空気圧
  • ランプ類
  • ワイパーの状態/拭き取り
  • ブレーキの踏みしろ
  • パーキングレバーの引き(踏み)しろ

ヒトの病気と同様に、車の異常の発見も早ければ早いほど修復率が高くなり結果的に費用もかかりません。オイルの補充は2,500円から高くても5,000円(国産車の場合)で済みますが、それらを怠りエンジンにまでダメージを受けると数十万レベルにまで修理費がかかることもあるのです。

日常点検を行う時期

  • 自家用車…気が向いたら
  • 業務用車…1日1回動かす前

定期点検

一方で定期点検は日常点検よりもより高度な技術を要します。いわゆる車検も該当するのですが検査項目が非常に多いために業者(カーディーラーや自動車整備工場)に依頼する場合がほとんどです。普通車の場合は12ヵ月毎に定期点検を行う義務があり、24ヵ月毎に車検を行う必要があります。

定期点検を行う時期

  • 法定12カ月点検…罰則なし
  • 法定24カ月点検…罰則あり

定期点検は「法定12カ月点検」と「法定24カ月点検(車検)」の2種類です。12カ月点検を怠った場合の罰則はありませんが、保証制度の多くは12カ月点検を行うことを前提としています。お金と時間がもったいないからといって12ヶ月点検を怠ると保証対象外となるケースがあります。

24カ月点検(車検)の時期は通常2年に1度のサイクルで訪れますが、新車購入時のみ特約で1度目の車検が3年後(初回車検)になります。つまり学科試験で「車検は必ず2年に1度受ける必要がある」といった内容の問題が出た場合は、新車時のみ例外で3年後となるので正解は×となります。

いずれもフロントガラスの内側に次の検査の時期が印刷された検査標章(車検ステッカー)が貼られていると思います。うっかりと車検切れが起きないように日常的に確認をしておく癖をつけておくと良いですね。

-学科教習

© 2022 教習所合格データベース Powered by AFFINGER5