「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

フォグランプとは

学科教習

フォグランプとは

主に霧の中において、自車の位置を知らせる為に用いる灯火装置です。あくまで自車の位置を他の車に知らせることが目的な為、周囲を照らす能力はあまり高くありません。

霧の発生しない地域ではさほど使わないので、初めから搭載されていない場合もあります。

霧の正体はいわゆる「雲」と同一なので、そのほとんどの成分が水分で構成されています。

ここにヘッドライトの灯りを強く当ててしまうと、内部の水分で光が乱反射してしまい、視界が著しく悪くなってしまいます。(ですのでハイビームは基本的にNGです)

そのためフォグランプは霧が滞在しにくい路面スレスレ部分を照らすことによって、他の車に自車の存在を発見してもらい、接触事故回避に繋げる役割があるのです。

フロントフォグランプ

日本車で多く見られるタイプのフォグランプです。文字通りヘッドライトの下部に取り付けられていることが多いですね。

前を照らすことで対向から来る車に自車の存在を知らせる役割があります。

リアフォグランプ

主に外国車で見られるタイプのフォグランプです。こちらはフロントフォグランプとは対照的に、車の後ろ側に搭載していることが特徴です。

これにより後続車からの追突事故防止を目的とします。

リアフォグランプ作動前

リアフォグランプ作動後

作動時のメーター内表示(中央黄色部分)

なぜ日本と海外で搭載位置が違うのか

これは車に対する捉え方の違いです。日本の場合はマイカー、マイホームと表現するように、車をひとつの財産として捉える傾向があります。世界中どこの国を見ても、1カ月に1回洗車をするような国は日本くらいです。

ですから外国人が日本の駐車場に停まっている車を見ると「まるで展示場みたいだね。」と言った例えをすることがあります。

そのため日本におけるフォグランプは一種のドレスアップ(自分の世界)として用いる人も少なくなく、本来の目的とはかけ離れた用途で使われる場面もあります。

ようするにフォグランプとしての機能よりも見栄えで判断する人が多いと言うことですね。

一方で外国(特にドイツ)における車の捉え方はあくまで道具です。日常の移動に使う道具ですから、見た目以上に実質剛健な性能や使い勝手を求める傾向があります。

実際に霧の中で重要なことは正面衝突よりも後ろからの追突を防止することです。

正面衝突は車線さえ守って走ればなかな起きるものではありませんが、霧の中では前方を走行する車のリアライトが発見し辛くなるので、輝度の多いリアフォグランプを点灯させることでこうした追突事故を防ぐことが可能です。

コメント