ドアミラーの合わせ方

ハンドル横のスイッチで操作する

ドアミラーは車の両サイドに取り付けられている後方確認用のミラーです。主に車線変更を行う場合に目視と合わせて利用します。

このミラーの角度は運転席横のスイッチにて微調整が可能で、車種によってはギアをリバースに入れた際に自動的に下を向いてくれるタイプもあります。

実際に見てみるとこんな感じです。

「L R」のボタンはL(left)側が左のミラー、R(right)側が右のミラーを表します。これをどちらかに傾けることによって左か右かを選択するのです。

選択後、下部の「MIRROR」ボタンを押すことによって上下左右にミラーを調整することが出来ます。右上のミラーのマークは格納ボタンで、狭い路地や駐車場でミラーを畳みたい時に使用します。

コメント