「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

死亡事故がもっとも多い夕暮れ

学科教習

季節によって異なる時間帯

日本では夕暮れ時における死亡事故が最も多いとされています。夕暮れとは言っても夏であれば19時頃、冬であれば16時頃と季節によって日没のタイミングが異なります。

ようするに夕暮れとは昼から夜にかけての薄暗くなる時間帯を差し、逆に緯度の関係から日没の存在しない南極大陸では夕暮れと言う概念がありません。

日本において夕暮れが危険とされる由来の一部を以下に記載します。

・帰宅者が多い(通学、通勤など)。

・気分が受かれる。(おそらく帰れるため)

・暗くなりきっていないため、前照灯を点けない車がいる。

・交通量が単純に増える。

ほとんど帰宅関係で、交通量及び歩行者量が増加することに起因します。

気分が受かれるという考え方は分からなくもありません。私自身、家に帰って用事があるわけでもないのに単純に早く帰りたいと常に思っています。

道路環境上は前照灯の有無が大きく影響します。逆に夜間のように暗くなってしまえば、ライトを点けないと走れたものではないので無意識にライトをつけると思いますが薄暗いとなかなかこれに気づけないそうです。

見通しの悪い交差点においては、朝よりも夜の方がヘッドライトの照射範囲的に相手を察知しやすいメリットがありますが、前述の通りライトを点灯し忘れている人もいるので、一概にライトだけで判断できません。

ここで「ライトが見えないから誰も来ていないだろう。」と思いこむ人が2人以上発生してしまうと初めて事故になります。

夕暮れに限ったことではありませんが、いかなる時間帯においても焦らず、余裕をもって、的確に危険を発見(回避)することが重要なのです。

コメント