「S字とクランクのコツ」の内容を最新版に更新しました。画像をより詳細な物にリファインしました。

高速教習で気を付けるポイント

技能教習(第二段階)

実は簡単!高速教習♪

ドライブレコーダーにて撮影

高速道路って100キロで走るんでしょ?不安だなぁ~(;´д`)

その気持ち……なんとなく理解できます(笑)

私が通っていた教習所では高速教習をシミュレーターで行っていたので、実走行に比べれば精神的に負担が少なかったと思います。

あっ……そうそう、高速教習ってシミュレーターで行う教習所もあるんですよ。

そもそも近くに高速道路(高速自動車国道)がなかったり、近隣が首都高速(自動車専用道路)しかなかったりするとこのような傾向が強いですね。

ただ私が現在働いている教習所では実走行による高速教習を行っているので、初めての高速走行に怯えまくる教習生を多く発見しますね(笑)

確かに普段の教習で100キロ出すことはあり得ませんから無理もない話です。

しかし私はここで断言します!

高速教習!めちゃくちゃ楽です!

別に不安がってるみなさんの気持ちを和らげる為に大袈裟に言っているわけではなく、本当に楽なんですよ。

どちらかと言うと高速道路のインターチェンジに向かうまでの一般道路の方が大変だと思いますよ。

芝猫
芝猫

いや、でもそれって運転に慣れてる人の意見でしょ?

って声も聞こえてきそうですが、高速教習が簡単と言われる由縁を以下で説明していきたいと思います(´・ω・`)

ちなみに今回お話する内容は、法定速度で100キロ出せる高速自動車国道のことです。法定速度が60キロの自動車専用道路(首都高速)はまた違う機会でお話しますね。

意外と操作の少ない高速道路

高速道路は一般道路と比べると特殊な空間です。ちょっとまとめてみましょうか♪

歩行者がいない

高速道路における最大の特徴ですね。道路脇を歩いている歩行者もいなければ目の前を横断してくる歩行者もいません。

高速道路上は基本的に車しか走っていないので、一般道路に比べると気をつかう場面がとても少ないです。

ただ近年では高齢者が過って高速道路上にエンカウントする事件(特に自転車)も多くなってきているので、万が一を想定して走ることも大切です。

他にも道路公団(ネクスコ東日本とか)の方が作業をしている可能性もあるので、歩行者ではなくとも作業員はチラホラいるかと思います。

信号機がない

まぁ速く走れる理由はこれでしょうね。ただ100%ないかと聞かれればそうでもないので、稀に高速道路でも信号機に遭遇することはあります。

とにかく単調

高速道路はランプウェイなどを除き、基本的には直線道路で構成されています。カーブもゆるく、ハンドルの傾け方も最低限で済みます。

ただ単調ゆえに恐ろしく眠くなるので、睡魔が訪れたら早めにSA(又はPA)で休息を取ることが大切です。

万が一高速走行中に寝てしまったりでもしたら、おそらく永遠に目覚めることはないと思います……。

高速道路で気を付けるポイント

速度

高速道路は設計上、安全に高速走行が出来るように作られているのですが、100キロを出しているという事実は忘れないようにしましょう。

高速道路での事故は一般道路に比べるとかなり少ない方ですが、それでも100キロで衝突した場合のエネルギーは一般道路とは比べ物になりません。

睡魔

これけっこうヤバイです。寝たら死にます。

「もう少しだけなら大丈夫……ウトウト」

睡魔って自分で制御しにくいから大変なんですよね?その大丈夫っていう気持ちが大きな事故を招く引き金になることもあるんですよ。

車間距離

絶対に詰めないようにしましょう。車間不保持は犯罪です。それどころか煽り行為で一発免停になることもあります。

やられた人が迷惑に感じるだけでなく、下手をしたら前科(犯罪歴)が残ります。こんなことで人生を台無しにしないで下さい。

高速道路上には至るところに車間距離を測るための設備(デリニエーター)や標示がありますので、苦手な人はこれらを参考にしても良いでしょう。

進路変更

走行している車どおしが衝突すると、反作用と呼ばれる現象が発生します。簡単に表現するならピンボールみたいな動きですね。

ですので一度他の車に接触してしまうと、跳ね返されてガードレールに激突したり、全く関係のない他の車を巻き込んでしまう可能性もあります。

進路変更は必要最低限に抑えておき、必要な場合は他の車の動きに注意しながら慎重に行うようにしましょう。

安全運転とマナーを心掛ければ心配はいらない

高速教習で事故を起こしたらどうしよう?

まだ大丈夫です!隣には指導員が乗っています!今あなたがやることは高速道路の環境に慣れることです。最初から完璧な走りは求めてません。

しかし高速教習は原則1回(50キロ規制が行われたりして中止になった場合を除き)しか行わないので、次に高速道路を運転する機会は免許取得後になってしまいます。

いざその時になってパニックに陥らない為にも、高速走行で気を付けるべきポイントを指導員が説明してくれるのでしっかり覚えるようにしましょう。

基本的に高速道路はみなさんが運転操作を誤らない限り事故が生じにくい構造になっています。これはジェットコースターの安全バーと同じで、走行中にあなたが安全バーを外さない限りは安全であるのと同一です。

言い換えるならば、あなたが運転操作や正しいマナーから外れない限りは基本的に安全だと言うこと……。一歩踏み外してしまえば取り返しのつかない事態に陥ってしまうので、初心を忘れずに安全運転を心掛けるようにしましょう。

安全運転は常にあなたの味方です。

コメント